長幹碍子は「コロナ放電」対策として設置されていた。