そして、いよいよ終段のローディング・コイルへ、、、
これは送信周波数(17.442kHz)にアンテナを
同調させる為のコイル。

そしてコイルの端末は写真右手天井の碍子から屋外へ、、、
そこからあの巨大アンテナへと導かれる仕組み!

とにかく500kWの送信機ともなると、
何でもその桁が違う!^_^)