どうやら江戸時代後期の儒学者が、
この地を訪れた時の感想文らしい?