これぞ有名な家康 『しがみ像』

ドラマでよく知られる家康“三方ヶ原”の戦は、、、
元亀3年(1573年)に遠江国(浜松市)の三方ヶ原で起こった、
武田信玄軍と徳川家康、織田信長からの連合軍との間で行われた戦い。
この戦では家康が大敗し、後年この敗北を肝に銘ずるため、
命からがら浜松城へ逃げ帰った自らの姿を描かせ、慢心を自戒するため
生涯座右から離さなかった!、、、と伝えられている。
その絵を石像にしたものがこの写真!

逸話だけど、、、
戦場から逃げ出した家康さんは恐怖のせいで馬上でチビった!
、って話は案外本当かもね?(^_^)
左足で下腹部を押さえてるように見えるのはその所為かな?