3丁目の岬の端、
入鹿池を見下ろす高台は
「宗教大学車寄」
“あずまや”の様に建てられているが、
明治41年東京郊外の巣鴨に新築された
私立宗教大学本館の車寄であった、とか。