二十五番館の内部、
長崎に住んだ外人の住まいらしく
暖炉の傍の食卓と竹の椅子。