業平さんがこう詠んだとか!

か、、、からころも
き、、、きつつなれにし
つ、、、つましあれば
ば、、、はるばるきぬる
た、、、たびをしぞおもふ