今度は左手に目を移して
広大な琵琶湖を望む。