フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

“懐かしの映画”シリーズ

無料ブログはココログ

« 映画『マイルス・デイヴィス”クールの誕生”』 | トップページ | 『村田 浩 & The Bop Band』 Autumn Tour 2020 »

2020年11月 7日 (土)

若いもんには敵わないんジャ~ズ!

******************************************************************
【注】初めにお知らせです!
このブログはこれまでブラウザを、I.E.(Internet Explorer Ver.11)で制作して
参りましたが、2020/11/02 以降、時代の流れで Google Chrome で制作する
ように変更致しました。それに伴い、これまでのI.E.の時とは文字や画面上の
レイアウトが若干変わるかも知れませんが、悪しからず!
******************************************************************


先日は久しぶりに「Mr.Kenny's」 へ、、、
土曜日昼間のライブは11歳小学生ドラマーのデビュー記念ライブだった。
これに平手裕紀(p) と、荒川悟志(b) の二人の大人がお付き合い、、、!

いゃ~参った! 参った!
この11歳の少年は本当に凄い!  カウント・ベイシーや ジョン・コルトレーンの
難しい曲を演奏、それらの曲はこの子が好きでこの日に備えて練習したらしい!?

彼のドラミングを注視すると、さすがにまだ身体も小さい子供なのでスナップが効いて
いない甘い叩き方ではあるけど、曲想の強弱の付け方もソツがなく、曲の中でブレイク
するタイミングの取りかたの良さ、等々、、、また他にも特にブラッシュ・ワークの
手さばき否、音さばきはまるで大人顔負けか?、と感じた。
この子は、この歳にして既にジャズをかなり聴いているな~! 凄ッ! 

そこで自分が11歳だった1953年の頃はどうだったか? 考えてみるとまだジャズなんか
全く知らなかったし、テレビはまだ普及してなくてラジオでもジャズを気軽に聴く事は
なかった。中学生になった1955~57年過ぎた頃、やっと当時のポップス を聴き始めた
ように記憶している。

近年は日本国内で彼に劣らず素晴らしい才能を発揮している男女ヤング・ジャズメン
それも未成年の小中学生などが、ネット上でもたびたび現れている、、、
やっぱり昔と違って時代的にも音楽環境に恵まれている、と云えばそれまでだけど!
それにしても恐れ入りました。

        20201031live   Youg-drumer

いっちょう前に2ステージ! 有名なスタンダード・ナンバー数曲を難なくこなし、、、
それまではトリオだったが最後は応援団か? アルトとテナーの二人のヤング・サックス
メンの二人が飛び入り出演、、、これまた現役の高校生と中学生だった! 
そして、元気にキャノンボールの演奏で有名な ワーク・ソング ときたもんだ~!
           Young-jazz-man
そこで、これ⇒ 若人のワーク・ソング クリックしてください。
次に現れた別の画像をもう一度クリックすると動画が観れます!
、、、スマホの手持ち録画でブレまくりですが、1曲通しでお楽しみあれ!
(注)もしGoogle Accountを要求されたらご面倒ながら連絡下さい!

それにしても、、、アルトの子は巧いな~! 世の中は変わった!、、、
真に ”末恐ろしい” とはこの事か、、、!
それと、、、ベースの荒川悟志クン、久しぶりに聴いたが巧くなってたな~!


◎関連資料
*平手裕紀(p)
(Website)
*荒川悟志(b)
(Blog)

◎関連拙ブログ
*
本文記事左側の INDEX欄※“趣味の音楽関連”と、
*
ブログ“音を楽しむ徒然語り” その1以降のシリーズ や、
*
HPの“Modern Jazz LP Collection”も併せご覧下さい。

「(続々)書きたい放題 掲示板」は こちら から、、、
  その他の掲示板は下記(コメント)から、、、

« 映画『マイルス・デイヴィス”クールの誕生”』 | トップページ | 『村田 浩 & The Bop Band』 Autumn Tour 2020 »

コメント

こんにちは!
ご無沙汰しております。
やっぱり、子どもって凄いですね。無限の可能性!
イチロー選手が、引退の時か何かのインタビューで、「今までの野球人生で、一番心に残っているのはいつですか?」と、聞かれた時、
「小学生の4、5、6年生の時です」と答えていたのを思い出しました。
「野球が楽しくて、寝ても覚めても練習をしていて、練習をするたびに自分がどんどん上達し、やればやるほど上手くなる。人生であれほど輝かしい素晴らしい瞬間は無かったです」と。
全ての子供たちに向けての励ましの言葉のように聞こえました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画『マイルス・デイヴィス”クールの誕生”』 | トップページ | 『村田 浩 & The Bop Band』 Autumn Tour 2020 »