フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

“懐かしの映画”シリーズ

無料ブログはココログ

« 追悼:マイルス・デイビス | トップページ | 映画『マイルス・デイヴィス”クールの誕生”』 »

2020年10月16日 (金)

近所の散歩 / 徒然語り

やっと朝夕は涼しくなってきた今日この頃、、、
そこで、しばらくサボっていた近所の散歩に出かける、、、!

我家を出て裏手 南側へ廻ると、その先には名鉄西尾線 がある。
その線路沿いの道を100m程行った場所にある踏切へ、、、
それを渡って直ぐ右手、線路沿いの畑の中の小道を行く、、、
ここからがスタートだ!
Dsc_0260_r


写真右手が名鉄西尾線、左側一面に広がる田んぼを眺めながら歩く。
写真(1)
Dsc_0145_r 

以下、青字はひとり言、、、
コロナ禍は相変わらず続いているが、政府の Go To 〇〇キャンペーンで、

人々はまるでコロナを忘れたように街に溢れ出し、旅行に出かけたり、
居酒屋では従来どおり呑んだり喰ったり、、、
しかし政府の有識者会議は『感染の増加要因と減少要因が拮抗!』と、
何とも
どっちつかずの表現! つまり今後どうなるか 誰にも全く分から
ない、って事。


進行方向左手に広がる田んぼ、その向こう、高い建物の側には同じ名鉄の
名古屋本線が走っている、、、
写真(2)
Dsc_0146_r

結局は自分の身は自分で守るしかない、、、
これからインフルエンザの季節を迎え、果たしてコロナとのダブルパンチ
が発生しないか? ちょっと心配だな~! 今月からインフルエンザの予防
接種が始まるので、例年の様に早速接種を受けに行こう、と!

警笛に振り向けば走ってきた西尾線電車、、、写真前方の新安城駅近く
から歩いてきた、、、
写真(3)
Dsc_0147_r

話は変わるけど、、、
Windows-10 PCのインターネット・ブラウザがそれまでのIE-11から Edge
変わったのは分かっていたが、IEは長年使ってきて慣れてるし、且つ
HPや
ブログの編集もIE-11で作業していた。

進行方向に向かって左手に広がる畑、これは大豆かな? 前方に間もなく
歩く木陰道が続いている、、、あれは春になれば 桜並木 と変わる。
写真(4)
Dsc_0148_r 

ところが、最近Youtube やFacebook のタイムラインを観る場合、従来
観てきた IE-11から勝手に(自動的に) Edgeに切り替わってしまう怪現象?
ブラウザ設定を再度IEにし直してもIEになったりEdgeになったり、、?
Facebookも同じく勝手にEdgeに変わってしまう? 今のところ原因不明?
まぁ~良いか? と、しばらくは放っておく事にしよう!

先の大豆畑の端から左折、樹木の左右両側が遊歩道で、右側のもう一本
の途中青色塗装の小径は自転車専用路だ!
写真(5)
Dsc_0149_r 

現在のブラウザMS-EdgeGoogle Chrome がどうやら主流の様だ!
Firefox は健在のようだけど、UNIX系を除いて昔流行っていたNetscape
とか
Opera などは消滅したのかな~?  ブラウザも淘汰されたり最近は
時代の早い変化について行けなく
なっている自分、あぁ~、情けなや!

間もなくいつもの休憩ポイントに着く。そこから遠望する我マンション。
ここは鉄製のベンチが二台設置してある。
写真(6)
Dsc_0150_r 
この写真の場所は木陰の遊歩道の最後辺りになるが、いつも小休止しな
がら写真前方、土色の建物の我がマンション群を遠望している、、、
あの近くを先ほどの赤い名鉄西尾線が走っているのだ。

ところで、、、
総理大臣が安倍さんから菅さんに変わって早一か月、菅流政治は日本に

とって何か良い結果をもたらすか? はたまた? 例によって連日メディアの
騒ぎ
方にはウンザリ!  新首相を持ち上げたり、些細な事で貶したり!

休憩を終えて右手に少し歩く、、ガードレールの右側は名鉄名古屋本線の
線路下を潜って国道1号線の方へ向かう小径の自転車路、、、
ガードの左の道を行って直ぐに更に左側へのカーブを行くと、、、
写真(7)
Dsc_0278_r

安倍さんが理想の国家観を掲げて首相になったのに対して、菅さんは
苦労人らしく現実的で具体的な政策を前面に出して、これまでの一ヶ月間
は比較的好感を持たれてきたが、実際の評価はこれからだろう!
ただ、苦労人=理想的首相になるとは限らないけど、、、!?


この様に左側へ一直線に伸びた小径。それと並行して走る名鉄名古屋
本線。この線路は画面手前右側が豊橋経由~東京方面へ、画面左手奥が
新安城駅経由~名古屋方面へと続く。
写真(8)
Dsc_0279_r

後はひたすらこの直線道路を歩く。その先には我家が有るマンション群。
左手は初めに眺めながら歩いた畑が広がっている、、、つまり、、?
名鉄新安城駅を起点として大きく三角形に広がるエリアを一周するのが、
いつもの絶好の散歩コースなのだ。
写真(9)
Dsc_0282_r 

新政権は、携帯電話料金の値下げなど具体的な政策が進捗中だが、一番
気になるのは
例の「デジタル庁」とやらの新設役所。先ずはハンコ廃止
など掛け声は
良いが、実際には行政の仕事が本当にどの程度デジタル化
されるのか?  
正直疑問を持っている! それは、、、?

歩いてきた直線道路、この写真の下には畑地の真ん中当たりから国道
1号線へ抜けるバイパス道路、、、
ちょうど今、名古屋方面~新安城駅から豊橋方面へ向かう特急電車が、!
写真(10)  
Dsc_0287_r

以前あった「住民基本台帳」すら普及しなくて、その後「マイナンバー・
カード」に変わったが、これまた思ったように普及しないのは何故か?

長い直線道路の途中、上図のバイパストンネルの上を過ぎて間もなく、、
先程から見えていた我マンションの対面辺り、そこに鎮座するお地蔵さん!
こんな作業用の小型車しか通らない畑の脇道で交通事故とは?、黙祷!
写真(11)    
Dsc_0153_r 

国民の意識が低いことも有るが、それよりセキュリティー的に、
皆が安心出来ない?つまり政府のやる事を信用していない、て事では?
例の10万円の特別給付金の配布でスッタモンダ等々、、、

お地蔵さんを後にしてちょっと前進、直ぐにここもまた国道1号線へ抜け
出る畑の小径の踏切、、、そのちょっと先が新安城駅となる。
写真(12)
Dsc_0289_r

自分の経験的に云えば、「住民基本台帳」の時代に役所の職員ですら
各自治体によっての理解度が異なっていた事。つまり住民に巧く説明でき
なかった事、、、つまり、、、


その新安城駅を出発した直後の赤い電車を観ながらここで道は左折、、、
写真(8)の位置から続いた長い直線道路もここで終わった。
写真(13)
Dsc_0291_r 

初めに名古屋市中区から現在の安城市に移転した時、諸移転手続きで、
中区役所で発行された「住民基本台帳」を
利用しようとしたが、、?
安城市では結果的に何も出来ず結局、昔ながらの書類による
移転手続き
しか出来なかった! 同じ愛知県内なのにだッ!


そして左手いっぱいに広がる広大な畑地を眺めながら、、、
写真(14)
Dsc_0154_r 

そんな経験をしたので、後に「マイナンバー・カード」に変わっても
基本的には同じ問題が続いている事は明白だろう!?

上の写真とほぼ同じ場所で稲穂の陰から垣間見た名鉄名古屋本線、、、
こうして見ると、名鉄名古屋本線を走る電車は短い時は凡そ5分程の間隔
で新安城経由で名古屋方面へ、また逆に豊橋方面へ向かっている様な?
写真(15)
Dsc_0155_r
この辺りの水田はまだ稲刈りが終わってない?、、、間もなくかな~?

つまり、「デジタル庁」か何か知らないけど、業務のデジタル化の前に
現行の書類上でも、アーキテクチュアーとでも云うか? その各々の業務
システム的に同類、同構造の構成に統一する事が先決だろう! と思う。

写真(16)
Dsc_0301_r 
この住宅街の先が最初のスタート地点の名鉄西尾線の踏切へと続く、、、
丁度今、走ってる電車がその西尾線、、、
その右側が我がマンションの近くだ、、、!

関連役所間、各自治体間、それらが全て一つのシステム上で同構造の
方法
パターンに徹底できれば、真の意味でのデジタル化も可能になる
と思う。つまり紙の書類で云えば、例えば入力フォーム、出力フォーム
を全て同一構成にしないと纏まらない、って事。


そして戻って来た我家マンションの内庭風景、、、!
写真(17)
Dsc_0157_r

最後に、、、
この日歩いた散歩道を地図で標示すると、、上記17枚の写真ナンバーを
地図上の位置に(1)~(17)の番号で記入しています。
全行程 約3.5km、ゆっくり歩いて1時間ほどの歩行時間となります。
 Anjyo-map 

 ◎参考資料
*安城市 (Wikipedia)
*新安城付近地図

◎過去の関連ブログ記事。
*『日本は言葉が通じる外国!~その1~』
*『日本は言葉が通じる外国!~その2~』
*『日本は言葉が通じる外国!~その3~』
* 初めての安城市
* 近所の散歩《災害は忘れた頃に?》

「(続々)書きたい放題 掲示板」は こちら から、、、
  その他の掲示板は下記(コメント)から、、、

« 追悼:マイルス・デイビス | トップページ | 映画『マイルス・デイヴィス”クールの誕生”』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 追悼:マイルス・デイビス | トップページ | 映画『マイルス・デイヴィス”クールの誕生”』 »