フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

“懐かしの映画”シリーズ

無料ブログはココログ

« 人種差別を突き詰めれば? | トップページ | 今日も雨、あの日の香港は涙雨だった? »

2020年6月20日 (土)

34年目の追悼:ベニー・グッドマン

一段落したか? と思われる国内のコロナ禍、政府は昨19日から他県への
移動を全面的に解禁。テレビで観ると主要駅では早速人々の姿が目立つ。
また感染リスクが高いとされたライブハウスやナイトクラブの休業要請も
同日解除された、、、! 

この地方も幸い最近は感染者も増えず、しかし自分的にはやはりまだまだ
油断禁物と思っている。身体の鈍りが気になるのでいつもどおり近所の
畑の周囲を散歩しながら思うのは昔の事ばかり? これも歳の所為かな?

Dsc_0083

◎今朝、歩きながら何故か思い出したのは”ベニー・グッドマン" だった。
それはニ、三日前のネットで、先週の土曜日6月13日がベニー・グッドマン
が没して34年目の命日だった!、って事を知ったからか、、、?
そこで今日はこのベニー・グッドマンの話をブログのネタに、、、!

そもそも、、、
今、普通に”ジャズ”と云えばいわゆるモダン・ジャズの事を云うが、、、
その演奏スタイルが歴史的に古いスタイルから、単に大ざっぱに、、、
デキシー、スウィング、モダン、と三っのタイプに分けられていて、凡そ
1940年頃のビバップ・ジャズ以降のジャズの事を単にモダン・ジャズ
呼んでいる。(下段の関連サイト:ビ・バップを参照)

だから今、普通にジャズ好き、と云ったらモダンジャズが好き、て事になる
訳で、デキシースウィングが好きな人は数少ない。中にはデキシーや
スウィングを殆ど聴いた事がないモダンジャズのファンも多い、、、!?

そして、そんな人の中にはモダンジャズより古いジャズを嫌ったり、、?
特にモダンに凝っている、いわゆる”通”と呼ばれる人の中にはデキシーや
スウィングを何故か軽蔑したりする人もいる。何故だろうね~?
 
その点、私は何でも屋なので、ジャズ、否音楽は殆ど何であれ好き!^_^)
ただ敢えて全ての音楽の中では、モダンジャズが一番好きと云うだけ。

Benny-goodman スウィング・ジャズは1930~1940年代に
かけて流行した主に白人主体の大人数で
編成されたバンドのジャズだった。
その代表的なミュージシャンは何と云っても
”ベニー・グッドマン" そして先週の土曜日
6月13日は、そのベニー・グッドマンが没し
て34年目の命日だったのだ~!


ベニー・グッドマン楽団は当時としては
珍しくメンバーの中に黒人もよく採用されて
いて必ずしも白人主体ではなかった、、、
それは人種差別が今より激しかった時代
に、テディ・ウィルソン (p)、ライオネル・
ハンプトン
(Vib)、チャーリー・クリスチャン (g)等々がベニー・グッドマンの
楽団に在籍していたのだ。その点からもグッドマンがリべラルな人で、、、
音楽性が合えば肌の色など彼には関係無かったのだろう!

ベニー・グッドマン は1935年から1940年代半ばにかけてアメリカの大衆を
熱狂させたスウィング・ジャズの名実ともに王様だった、、、!
1938年、彼が29歳の時に「クラシック音楽の殿堂」だったカーネギーホール
で初のジャズコンサートを行った伝説のジャズメンなのだ~!

そのベニー・グッドマン が、、、
今から34年前の1986年6月13日に“スウィングの王様”と呼ばれた
その男が心臓発作によりニューヨークの自宅で静かに息を引き取った、、
享年77歳だったとか、、、86年当時、私はブラジル在住中、、、
そして帰国後もこの事を全く知らなかった、、、!悔)


◎そして今思えば、、、

私は若い頃、映画『ベニー・グッドマン物語 』と『グレン・ミラー物語』を観て
ジャズが好きになった。特に『ベニー・グッドマン物語 』の中で、、、
ドラマー ”ジーン・クルーパ” の、 ♪ Sing・Sing・Sing ♪ でのドラムソロを
聴いた時、非常にショックを受けた事は今でもハッキリ憶えている。
   
この ♪ Sing・Sing・Sing♪ も良いけど、他にも好きだったのは、、?

下記の ♪Memories of You♪ 当時EP盤が擦り切れるまで聴いたものだ!
彼のクラリネットは実にソフトで優しく、心に染みる音色だった。
   


下記はライオネル・ハンプトンと、ジーン・クルーパ の掛け合いが楽しい、
♪ I Got Rhythm ♪ コンボでアップテンポのスゥイング・ジャズだ!
   


ベニー・グッドマンはジャズの即興性と楽しさ、それと分かり易さもあって、
いかにも都会的で尚且つお洒落なアレンジは真に洗練されたものだった。
51ximl3uml彼の半生を映画化した『ベニー・グッドマン物語』
(1956年公開)では、その“音楽愛”に満ちた人生が
ドラマティックに描かれていた。
私の故郷、当時の長崎ではこの映画と同時に
『グレン・ミラー物語』の豪華二本立てを観た。
あれは、、、?確か 私が20歳前の頃 だったな~!

←DVD、下記は映画のワンカットとサントラ版から、、、!

    


最後になったが改めて、、、
    『謹んでご冥福をお祈り致します!』


◎関連拙ブログ
*
本文記事左側の INDEX欄
※“趣味の音楽関連”と、
*
ブログ“音を楽しむ徒然語り” その1以降のシリーズ や、
*
HPの“Modern Jazz LP Collection” も併せご覧下さい。

「(続々)書きたい放題 掲示板」は こちら から、、、
  その他の掲示板は下記(コメント)から、、、

« 人種差別を突き詰めれば? | トップページ | 今日も雨、あの日の香港は涙雨だった? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人種差別を突き詰めれば? | トップページ | 今日も雨、あの日の香港は涙雨だった? »