フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

“懐かしの映画”シリーズ

無料ブログはココログ

« 「The Kejime Collective」 | トップページ | 追悼:マッコイ・タイナー »

2020年2月28日 (金)

ブラジル・カーニバル 2020

新型コロナウィルス、連日メディアの大騒ぎでテンヤワンヤ!
「対策が遅い!」などと政府を批判してたかと思うと、昨27日に来月2日から
全国の小中高校の休校を政府が発表したらしたで、今度は、、、?
「そんなに急に! 何かと不都合の人もいるのに!」などとまたもや批判、!
だから今のメディアはクソ!、、、正に”マスゴミ”なんだよッ、、、! 
それより今のノーテンキ日本人には”国家の危機”を考える良い機会
かもね~?

Brasilflag_7_2それに比べて、、、
「新ウィルスが遂に南米ブラジルにも飛び火!」のニュース。
しかしそのブラジルは今まさに熱狂のカーニバルの真っ最中!
ウィルスなんか蹴散らせ~! とばかり老若男女が踊り狂っている
真っ最中なのだ~!^_^)

今2020年のカーニバル開催日は今週23日(日)の開会式に始まって、
25日(火)までだった。 時差が日本より12時間遅れなので一昨26日(水)が
狂乱のカーニバル、フィナーレのピーク、、、そして最後、明29日(土)が
チャンピオン・パレードなどなど、まだまだ今月中のブラジル全土は
カーニバルの余韻が続くのだ~ッ!


以下、過去の拙ブログからの抜粋ながら、、、
ブラジル在住経験者としてカーニバルの講釈を少々、!^_^) 

(下の画像は2018年のカーニバルの写真。右の記事内容と直接関係なし。)
S1gそもそもカーニバル(ブラジル語では、Carnaval,
(カウナブァル) とは?
カトリックの「謝肉祭」の意味を持つ宗教的な儀式で、
イースターと呼ばれるキリストの復活祭までの40日間を
禁欲生活の期間とし、その期間が始まる前の4日間を
開放的なお祭りとしたのが、カーニバル(謝肉祭)の
由来とされている。
従って欧米諸国の中でも同じようなお祭りが有る。


S2ブラジルは旧カトリック宗主国なのでカーニバル開催日
は陰暦(月暦)を使用している。従ってカーニバルの
期間が毎年変化し、大体2月~3月初めの土曜日から
火曜日までの4日間となっている。


S3そのせいか? 禁欲生活に入る前のカーニバルでの
女性の扇情的な姿と踊りは男を誘惑する為なのか?
、などと余計な事だけど!^_^)
また一口にブラジルのカーニバルと云っても、世界的に
有名なのは、、、

S4リオ(リオデジャネイロ)のカーニバル だが、実際には
サンパウロなど大都市はもちろん、全国通津浦々に
至るまで、この期間中はお祭りとなる。その中でリオの
カーニバルが、その規模迫力など圧倒的にダントツ!


S5しかし私は田舎町の小さなカーニバルも小規模ながら、
それなりに情緒があって好きだった。
因みに日本もお祭りは多いが、これは全国各地で
それぞれ開催日もその内容も異なる。しかしブラジルの
場合、唯一お祭りと云えばカーニバルだけであり、

S6それは同じ期間中、ブラジル全国の至る所で同じ内容
のお祭りとしているのが日本の祭りとは違うところ。
リオには毎年日本からの観光客も多く訪れている。


S7毎年、リオのカーニバルは3日目の夜、
市中心部に設置されたメイン会場でトップチームに
よるパレードが始まって、、、


S9最高潮を迎え、翌日にかけて出場チームが徹夜で
サンバを踊りながら、その美しさや華麗さを競い合う。
日本ではブラジルのカーニバルと云えば、
『女が裸に近い派手な姿でサンバのリズムに乗って
踊る、あくまでダンスと音楽のお祭り』、、、って印象。

S20それは間違いではないが、、、しかし彼女たちは、
ただ楽しく踊っている、実はそれだけではないのだ!
ブラジルの実際のカーニバルは、、、
『エスコーラ・デ・サンバと呼ばれるサンバの学校
(グループ) 同士の真剣なダンス・コンテストのこと。』


S21つまり、Desfile (パレード)でのエスコーラ(学校)
(グループ)同士の唄とダンスの真面目な競技なのだ。
ただの踊りではなく、必ず何か主張したいテーマを
訴えている。


S22そのパレードを毎年テレビ局が、2夜連続で夜通しで
リオの会場から中継放送するが、それは何も裸踊りに
興じている女を見せるために放映している訳ではなく、
エスコーラ同士の競い合いを放映するのが目的で、、


S23ちょうどサッカーの選手権試合の放映と同様のもので
あり、成績の悪かったグループは2部に落ちるという
システムにもなっている。
ここで思い出した、これまた余計な事だけど、、、?


S24ブラジルって国は、普段テレビのコマーシャルなどで、
例えば入浴洗剤などの宣伝の時、バスルームの中の
女性の裸のシルエット映像ですら、子供が見ない様に
夜遅い時間にしか放送されない。


S25またテレビも夜9時頃だったか? 『小さなお子さんは
お休みの時間です!』
、な~んてアナウンスされていた
のを思い出す。今現在は知らないけど?  そのくらい
お堅い、いかにもカトリックの保守的な国ではある。


S26しかし反面、老若男女が踊り狂うカーニバルで裸女の
扇情的な踊りを見ると、普段云ってる事とは矛盾して
いるな~? と思ったり、、、?
しかし、よくよく考えてみたら、、、?


S29それはこちらが助平心で見ているからであって?^_^)、
これはダンスだから、例え裸で腰を振って踊っても
決して扇情的ではない!、って事かもしれないな~?
などと、、、マジで考えた事もあったな~!^_^)


◎やっぱりサンバが聴こえないと寂しいね~♪
 
下記の動画で音楽と踊りを存分にお楽しみあれ!

サンバと聞いてうるさい音楽ばかり、って思うなかれ!、、、
カーニバルで唄われるサンバは何となく哀愁を帯びているよ♪

今年のカーニバルは終わったばかりなので、、、
これから多数楽しい動画が出てくると思う。  乞うご期待!
以上。

◎リオデジャネイロの有力紙「Globo」のカーニバル関係記事

*CARNAVAL 2020 NO RIO DE JANEIRO


◎過去の関連ブログ

*ブラジル・カーニバル 2015
*ブラジル・カーニバル 2016
*ブラジル・カーニバル 2018
*その他、当ブログ本文左側の※“ブラジル関連”シリーズをご覧下さい

「(続々)書きたい放題 掲示板」は こちら から、、、
  その他の掲示板は下記(コメント)から、、、

« 「The Kejime Collective」 | トップページ | 追悼:マッコイ・タイナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「The Kejime Collective」 | トップページ | 追悼:マッコイ・タイナー »