フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 訃報! ジョアン・ジルベルト | トップページ | Days of Delight 第三弾CD"1969"発売記念ツアー »

2019年7月17日 (水)

セミが鳴きだした!

今朝は久しぶりに朝から日が射した~ッ!^_^)

ここ二週間以上、連日雨や曇天が続いて正に梅雨真っ最中だった!
鬱陶しい天気が続いていたが、今朝は本当に気持ちの良い朝を迎えた。
そして、、、待ちに待った大好きなセミが遂に鳴きだした!

20190717b

我マンション北側の内庭には樹木が鬱蒼と茂っているので、毎年7月に
入って間もなく、その内庭ではセミが鳴き出していたが、、、、、?

今年は雨模様の天気が続いていたのでセミ達も木の中、土の中で日光が
射すのを待っていたのだろう?
今朝は 「待ってました!」、と云わんばかりに一斉に鳴きだした。
、、、これで、やっと今年の夏が始まるな~!、って感じ。

以下、過去のブログの焼き直し版だけど、、、

Cicada_kumazemi_3このブログを書いている部屋の左側の窓の下では
今、全てのセミがその鳴き声を競うかの様に、
あるいはその短い命を精一杯 生きてるぞ~!
、と云わんばかりに鳴いている。

下記の▶ をクリックするとクマゼミが鳴き出すよ!



今年もまた、何だか‟世間の喧騒、人生の儚さを嘆いているような?”

20190717d

こちらもネットから無断借用したいろんな
← セミの鳴き声 (Click) です。
これを聞くと、どこか遠い昔の事が思い
出されます。

 


セミと云えば、、、
その幼虫として地下生活をする期間は3~17年(アブラゼミは6年)にも
達するらしい。思ってたよりその幼虫期間は他の昆虫類より長寿だ?

長期間の地下幼虫時代を無事に終えていよいよ羽化、しかし、、
成長してからの寿命は長くても一ヶ月間程らしいので大変短くて儚い。
まるで人間の一生にも当てはまる様だな~、、、?

セミの幼虫時代が3~17年なら、人間で云えば生まれて成長する、
ちょうど思春期の頃までの期間とほぼ一致するのかな?
セミが幼虫から成虫になるのと同じく、人間もまた17,8歳以降~
徐々に大人へと成長していく。

自分の子供時代、あの故郷長崎の実家の裏の神社の森でセミ捕り
やってた頃、今思えば貧しくとも楽しかったあの頃を思い出す!涙)
あぁ~あれから60数余年、、、!

その自分の子供達二人も、いつの間にか大人に成長し、今それぞれ
自分の人生を懸命に生きている、、、!
楽しいことも有れば、辛く苦しい事もあるだろう、、、!
否、むしろ辛くて苦しい事の方が多いかも知れない、、、?

しかし、それでも子供たちはきっと頑張って生きていくだろう。
今や抜け殻となった親セミはそんな我が子の様子をなす術もなく、
唯々、黙って見守るしかない。

親から子へ、そしてその子からまた次の子へ、と代々家族の営みが
永遠に繰り返される。まるでセミのように、、、!



◎参考資料
* セミの種類

◎過去の関係ブログ記事
* この暑さはなんだ!

「(続々)書きたい放題 掲示板」 こちら から、、、
  その他の掲示板は下記(コメント)から、、、

« 訃報! ジョアン・ジルベルト | トップページ | Days of Delight 第三弾CD"1969"発売記念ツアー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 訃報! ジョアン・ジルベルト | トップページ | Days of Delight 第三弾CD"1969"発売記念ツアー »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。