フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 2019年の桜 | トップページ | “令和”、時は新緑の今日この頃、、、 »

2019年4月16日 (火)

【Special Trio】

先14日(日)夜、またいつもの 「Mr.Kenny's」  へ 、、、!
今回のライブは久しぶりに大好きなピアノ・トリオ、、、
そしてドラマー”藤山E.T.英一郎”さんの久しぶりのケニーズ出演!

56962041_2162269890522724_62049832544711

この日の出演パーソネルは、、、
*丈青JOSEI (p)
*秋田ゴールドマン(b)
*藤山E.T. 英一郎(d)、、、の三人。
、、、この中で、私はピアノとベースは今回初めて聴く人だった。

いつものとおり2ステージの演奏の大半は、ブルー・モンク、等々、、、
いわゆるモダン・ジャズのスタンダードだが、どちらかと云うと硬派向け、
またジャズ通のファンが好むような曲が主だったが、中にはピアニスト
丈青JOSEIさんオリジナルも含まれていた。

ピアノの丈青JOSEIさんとやら、、、?
印象的だったのはブルースの演奏スタイルが、とてもブルージーで黒人
ぽかった? って事。グルーヴィでファンキーなフレーズ?とでも云うのか?
専門的には判らないけど、ブルースの曲でよく聴くが、ピアノが高音部の
繰り返しのフレーズを連打で弾くあの繰り返し、これには痺れた!^_^)

また、とにかく古いスタイルと新しいスタイルが混載されたような?
一口で云えばO・ピータソンやジュニア・マンスとハービー・ハンコック、
それに、チック・コリアも? をプラスした様な、、、?
そんなピアニストに聴こえたけど? チト乱暴な例えだったかな、?^_^)

そしてウッド・ベーシストの秋田ゴールドマンさん、、、
先ず、なかなかのテクニシャン! そして且つメロディックなウォーキング
ベースが聴いていてウットリ! 相当なキャリアの持ち主、と云う事がその
演奏からも伺えた。中でもピアノとのユニゾンの絡みが素晴らしかった。

ドラムの藤山E.T.栄一郎さん、、、
この人は多分、一年振りぐらいに聴くドラマーで本当に久しぶりだった!
それまで彼のこの店での出演バンドがいわゆるフュージュン・バンドだった
ので、よくよく考えてみたら純粋なジャズ・トリオでこの人のドラミングを
聴いたのは久しかった。

フュージョン・バンドでのこの人は、凄くパワフルで且つ繊細なドラミング
を披露するが、今回のトリオでも同じく、特にソロの時のその迫力は相変
わらず凄まじかった。否ピアノトリオのドラムにしては凄まじ過ぎた!^_^) 
パワフルで且つ繊細、ある意味、妖艶なドラミングはまさに聴衆全てを
E.T.ワールドに引き込んでしまう。それはこの夜のジャズ・トリオでも
健在だった。

Dsc_0163 

◎最後に、、、
このトリオは云わば今時の新しいスタイルのモダンジャズ・トリオか?
私が日頃耳に聴き慣れている1950、60年代の古いピアノトリオとはその
グルーブ感がまるで違う。イヤ他の何もかも全てが新鮮で、まるで三人
が互いに激しい対話をしている様だった。つまり昔のピアノトリオは
あくまでもピアノがメインで、ベースとドラムはサイドに徹してピアノを
助けていた?、そんな感じだったが今時のトリオは三人三様それぞれが
自分を主張し合っている?、、、とまぁ~そんな感じだけど、とにかく
簡単に云えば、、、理屈抜きに楽しめた!

そしてまた私が思うに、、、
最近のジャズの世界は、ロックやフュージョンなど、ファンク・
ミュージック等との境界を敢えて感じさせないようだ!?
昔はジャズを聴く際に必要とされた、ビバップからモダン・ジャズへの
変化の時間的過程は今や不要となり、従ってアルバムの新旧や、
ア ーティストの有名無名も、あまり関係なくなった様な気もする?
それよりも演奏を聴いた時に、本当に刺激的で緊張感とワクワク感を
感じればそれで良し! となっているのかも知れない。 ただ、、、

やはりどんなグループでも今回の様な一流のジャズ・ミュージシャンの
演奏は非の打ち所がない。ピアノ、ベース、ドラム、の三者のコンビ
ネーションの良さは、その殆どの演奏で細かい約束など打ち合わせなく、
ぶっつけ本番であっても、各人のイマジネーションがその時その瞬間に
互いに刺激しあって、結果素晴らしい音楽の完成となっていく、、、♬
これこそ時代を超えた本当に"真のジャズ"なんだろう~♪
とか何とかどうでも良いけど、結論は楽しかった!ってこと!^_^)


◎出演者の関連Web site
*
丈青JOSEI(p)
*KOBE jazz People
*秋田ゴールドマン(b)
*秋田ゴールドマンtwitter
*藤山E.T.英一郎(dms)

◎関連サイト
SOIL&"PIMP"SESSIONS
(Wikipedia)

◎関連拙ブログ
本文記事左側INDEX欄、 ※“趣味の音楽関連”から、
(1)ブログ “音を楽しむ徒然語り” その1 以降のシリーズと、
(2)HPの “Modern Jazz LP Collection” も併せご覧下さい。

◎コメントは こちら から、、、

« 2019年の桜 | トップページ | “令和”、時は新緑の今日この頃、、、 »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。