フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« SNS? (喋りが苦手な人の手段) | トップページ | オルガン・ジャズが好きだ! »

2019年1月14日 (月)

「夏目雅子」 も 「ジョン・ウェイン」 も?

今日も暇にかまけてネット・サーフィン、、、!^_^)
いつもはFacebook(FB)でいわゆる“友達”になった相手のタイムラインを
サーフィンしたりしてるけど、、、

最近、ある“友達”のタイムラインで、そのタイトルが、、、
『ジョン・ウェインやスティーブ・マックィーンなどの西部劇に出演していた
ハリウッド俳優たちと同じだナ。』
、とあり、、、

私は果てさて何の事かな? と、思いつつ紹介されていたリンクを開いて
みたら、下記 [Sharetube]、、、と云うサイト

http://sharetube.jp/article/2007/?fbclid=IwAR0hV4SX7iXP9ewjIihuHWHJz0PLD3Y3RKyCu4JGZm4oh6RsdQzKPdewwTw/

その概略は、、、?
女優の夏目雅子の死因について、『 昭和53年・54年(1978・79年)頃、
中国ウイグルでNHKは彼女のシルクロード取材の番組制作をしていた。
ちょうどその頃、中国はその近くで核実験をしている事実を隠蔽し、
日本国民に知らしめなかった罪であり、女優夏目雅子さんもNHKが
告知しなかった被害者である。』 と、、、そんな記事だった。

これを読んで、、、
私自身、中国の核実験施設が新疆ウイグル自治区 に有るらしい?とは、
以前から聞き知ってはいたが、、、

Photo_8その事と、あの美しかった女優「夏目雅子」の死因までは
考えた事がなかった。ただただ美人薄命か? 残念、と
思っただけ、、、!
上の記事にある様に、彼女の死が中国の核実験と
関係あったのかな~?
因みに彼女は1957年生~85年,27歳の若さで歿! 事の真偽はともかく、、

新疆ウイグル自治区ではロプノール核実験場の付近を中心に、、、
1964年から96年までの32年間に、46回の中国による非公開の核実験
行われている。(注:下記、「The Epoch Times」より)

私は件のFB“友達”に こりゃ~知らんかった! でも、ション・ウェイン等
と何の関係が有るの?』
、と尋ねたら、、、?
早速そのレスが入って、、、

つまり、アメリカの有名な西部劇俳優の主な死因も、ネバダ州の核実験場
の近くでロケをしていたので、その影響で癌で亡くなったのでは、、?、と。

435008_n_2←それを示唆した書籍も紹介されていた。
あぁ~そうだったのか~!
この本は読んだことなかったな~!
それはともかく、こんな話は大好きなのだ~!^_^)
特にジョン・ウェインなどハリウッド・スターが関係した
話となると、私の興味のムシが湧いてきたぞ~!^_^)
早速、この本を買って読んで見よう!、、、と。


◎以下、主題から外れて、映画の話だけど、、、(^_^)
ジョン・ウェイン
、と云えば西部劇俳優としては私が一番大好きな人!
J・Jコンビと云われた、ジョン・フォード監督と俳優ジョン・ウェイン!
この二人の名作西部劇は「駅馬車」、「捜索者」、「黄色いリボン」、等々、
多数あるが、その殆どのロケ地はアメリカ中西部のユタ州南部から、
アリゾナ州北部にまたがるモニュメント・バレー (Monument Valley)が
その主たる舞台だった。

下の風景は西部劇でよく見かけた風景だ、、、!
あの岩陰からインディアンが下の道を通る白人の馬車を狙っていたな~!
そんなシーンを思い出すのは私だけではないだろう、、、?^_^)

(拙ブログ、「懐かしの映画,もろもろ談義」より)

800pxmonument_valley_panoramic_2


そこで問題の、ネバダ核実験場 (Nevada National Security Site)を
調べて見ると、上記モニュメント・バレーから西側のネバダ州の砂漠の中。
モニュメント・バレーまでの距離は直線で500km以上も離れている。
しかし、それでも風向きその他の条件が重なれば放射能などの影響を
受けて被曝する事も有ったかも知れない?
Monument_valley_2

◎いずれにしても、、、

西部劇やそこに出てくる主人公の俳優、特に上記FBの“友達”が、その
タイムラインで紹介してくれたハリウッド・スター達は、、、?
ジョン・ウェイン、スティーヴ・マックイーン、ゲイリー・クーパー、ヘンリー・
フォンダ
などアメリカを代表するハリウッド・スターたちが癌で死んだのは
これが原因ではないか?と、、、云われているらしい? 真偽のほどは?

また、彼らがモニュメント・バレーより更にネバダ核実験場に近い場所で
映画撮影した可能性も有り、その場合は更に被曝した可能性が増す。
(注:上記の本を読んだ人によると、1954年にジョン・ウェイン主演の
「征服者」という映画の砂漠でのロケに、俳優やエキストラ、スタッフら
総勢1200人程が参加していたとか?)

それにしても、、、
いくら西部劇好きとは云っても俳優達の死因まで考えた事はなかった。
因みに上記した俳優たちの生年~歿年を古い人の順に調べて見た。
さらに、それぞれ私が観た主な映画のタイトルも! (西部劇に限定せず)
(リンクは私のブログ有り。)

*ゲイリー・クーパー(1901~1961年,60歳歿)、、、
Photo_3
「誰が為に鐘は鳴る」、「遠い太鼓」、「真昼の決闘」
「ベラクルス」、「昼下りの情事」



*ヘンリー・フォンダ(1905-1982年,77歳歿)、、、
Photo_4
怒りの葡萄」、「荒野の決闘」、「戦争と平和 」、
「十二人の怒れる男」、「ワーロック」、「西部開拓史」



*ジョン・ウェイン(1907-79年,72歳歿)、、、
Photo_5
「駅馬車」、「アパッチ砦 」、「赤い河」、「三人の名付親 」、
「黄色いリボン 」、「リオ・グランデの砦 」、「静かなる男 」、
「捜索者」、「リオ・ブラボー」、「アラモ」、
「リバティ・バランスを射った男」、「グリーンベレー」

*スティーヴ・マックイーン(1930-1980年,50歳歿)、、、
Photo_6
「荒野の七人」、「大脱走」、「栄光のル・マン」、
「タワーリング・インフェルノ」




◎結論、、、
ネバダ核実験場では 1951年から1962年の中頃までに86回の地表、
および地上での核実験
、他に14回の地下核実験、計100回程も行なわれ
ていたらしい。


ただ、彼ら一人一人がモニュメント・バレーや、更にネバダ核実験場に近い
場所で映画ロケの為に、いつ?合計何時間ほど現地に滞在していたのか? それも分からない。

しかし、彼らが現役で活躍していた時期と年代が、上記核実験の時期と、
凡そ合致している。だから彼らの死亡原因が間接的であれ、放射能の
影響で癌を発病しての死亡だったのか、、、?
、、、もちろん真偽のほどは分からない。 

ただ彼ら4人に関しては敢えて若くして没した、と思われるのはスティーヴ・
マックイーンぐらいだろう? 今はただただ 彼らの冥福を祈るのみ!
以上。


◎参考資料(以下Wikipediaより)
*夏目雅子
*中国の核実験
*中国核実験、32年間で46回も (The Epoch Timesより)
*ネバダ核実験場
*風下住民

ジョン・ウェイン関連の過去のブログ記事
    
(背景にモニュメント・バレーが出てくるよ!)
*懐かしの映画(1)  『駅馬車』
*懐かしの映画(5)  『捜索者』 
*懐かしの映画(21)『荒野の決闘/、、、』
 (但し、主演はヘンリー・フォンダ)
*懐かしの映画(24)『リバティ・バランスを射った男』 
  (但し、この映画(24)ではモニュメント・バレーは、たしか出てこなかった??)

◎コメントは こちら から、、、!

« SNS? (喋りが苦手な人の手段) | トップページ | オルガン・ジャズが好きだ! »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。