フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« ワールド・カップは面白いけど? | トップページ | 日本のWCは終わった! »

2018年7月 2日 (月)

「Bass Talk」を聴いて!

2018年ワールド・カップ・ロシア大会も目が離せない、、、!
我が西野JAPANは、その他力本願の賭けが的中して決勝トーナメントに
進み、いよいよ明7月3日早朝その初戦に臨むが、果たして?、、その前に、

一昨日6月30日(土)、この夜のライブハウス“Mr.Kenny's” は、、、
レジェンド・ベーシスト鈴木良雄 の出演と知って早速聴きに行った。

Bass_talk
有名なベーシスト鈴木良雄 さん、この人のライブ演奏を初めて聴いたのは
2015年の11月だったから今回は2回目。
前回はご自身の息子の歳の様な若手ジャズメン達と“Generation Gap”
と云う、文字どおり“歳の差 Quintet” を組んでのツアー・ライブだったが、

今回はご自身のバンド「Bass Talk」 を率いて初の“Mr.Kenny's”出演。
鈴木さんは、Profileによると1946年生まれと云うから御年72,3歳、、、! 
70年代に『Art Blakey & The Jazz Messengers』のレギュラー・ベーシスト
を務めた人だから凄い。文句なしに日本ジャズ・ベーシストのレジェンド!

「Bass Talk」 は2002年の結成らしいが?、、私は今回初めて聴いた、、、
これまで16年間、沢山の公演やツアー・ライブをやってきたとか。
Dsc_0245
ベーシスト鈴木良雄 さんの事は、前記初めてのライブの時に知ったが、?
ジャズに限らず、クラシック音楽や絵画など他の芸術にも造詣が深く、、、
そして、何よりこよなく自然を愛する人! それもそのはず、、、?
長野県は木曾のご出身とか、、、!

今回のライブ2ステージは、ほぼ全曲がオリジナルだったが、、、
全体として、鈴木良雄 さんの文字どおりベースに乗っかって、、、
野力奏一(pf)井上信平(flute)岡部洋一(percussion)、の三者が見事に
アンサンブル風に一体化し、まるでファンタジーの世界の様な? 山や森、
そして林の中を流れる小川のせせらぎと、小鳥たちのさえずりさへ聞こえて
くるような、、?

そんな大自然の光景が頭に浮かんでくる、これぞ鈴木良雄ワールド!って
感じだった。こよなく自然を愛する鈴木さんらしい美しいメロディの連続で、
ラテン系イージー・リスニング的とも云えるか? 全体としてそんな雰囲気を
漂わせるジャズだった。

メンバーの中で、井上信平 さんのフルートは初めて聴いたが、、、
まずその音色がソフトで素晴らしく、あのハービー・マンとも共演したと云う、
卓越したフルート・プレーヤーだった。

そして野力奏一 さんの美しくも高いテクに裏打ちされたピアノサウンド、、、
この人のピアノは以前、故,岡田 勉 (bass)さんのグループで何回か聴いた
事があったが、とにかく音色が綺麗なのが印象的なピアニストだ。

それらをバックで支えるパーカッションの岡部洋一 さんは初めて!
派手ではないが、その正確で且つデリケートな奏法が素晴らしい。
そして言わずもがな、鈴木良雄 さんの力強く暖かいベース・サウンドが
グループ全体を支えていたのはもちろんの事。

178_2
最初、1st. の一曲目を聞いた瞬間、直ぐに浮かん
だのは、あのヒットした“Comin' Home Baby”
『Harbie mann at the Village Gate』 だった。
あのサウンドとそっくりな雰囲気だな~と!^_^)




鈴木良雄 さんは途中のMCでご自身が紹介していたが、、、
バイオリンやチェロ、ベースなどの弦楽器は何と云ってもイタリア製が
良いらしくて、ご自身のウッドベースもイタリアから取り寄せたらしい。 

しかし楽器の質の良さもあるだろうが、それもやっぱり弾き手次第!
この人のベースは、その音色がとても暖かく、それでいて迫力に満ち満ちて
まるでレイ・ブラウン(と比べたら失礼か?)を目の前で聴いてる様な感じ。



◎最後に、、、
因みに鈴木良雄 (b)は、実は大昔に手持ちのLPレコードで聴いている。

Top60_2
拙HP、“Modern Jazz LP Collection” の中の、、、
(29),『This is Honda/Honda Takehiro Trio』 より。
TRIO PA-7005,1972/04/18 録音
本田竹曠(p),鈴木良雄(b),渡辺文男(dms)

◎今回の出演メンバーの公式Webサイト
*鈴木良雄 (bass)、Wikipedia
*野力奏一 (pf)、Wikipedia 
*
井上信平 (flute)
*岡部洋一 (Percussion)

◎過去の関連ブログ
*
「Generation Gap」

◎関連拙ブログ、本文記事左側INDEX欄、※“趣味の音楽関連”から
(1)ブログ“音を楽しむ徒然語り” その17(最終回) のシリーズと、
(2)HP
“Modern Jazz LP Collection” (Part 1, 2) も併せご覧下さい。


◎コメントは
こちら から、、、!

« ワールド・カップは面白いけど? | トップページ | 日本のWCは終わった! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワールド・カップは面白いけど? | トップページ | 日本のWCは終わった! »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。