フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 気分転換のクラッシック! | トップページ | ワールド・カップは面白いけど? »

2018年5月23日 (水)

南紀の旅

友人からもう数ヶ月も前から「皆で車で南紀方面へ行こう、、、!」
、と誘われていた。 もちろん双方共に家族同伴で、、、!
そして、遂にその日は来た。
先日の5月10日(木)、11日(金)、12日(土)の三日間だった。

この日が来るまで、友人は丹念にコースの下調べ、ホテル予約や主な
見どころ、、、等々、几帳面に調べ上げて私にその詳細プランを知らせて
くれていたのだ。
さらに、釣りが趣味で、且つプロカメラマンの友人は、過去このコースを
既に下調べ済だった。

そもそも私は、南紀、特に三重県南部から和歌山県南部海岸線一帯は、
これまで一度も行った事がなくて、今回初めての訪問だったので、、、
今回の経験豊富な友人からの誘いは非常に心強かった!

◎先ずは5月10日から、、、
この日早朝、私たち夫婦は自宅からいつもの名鉄で名古屋まで、、、
名古屋からは近鉄で三重県の津駅まで、そこで大阪から来る友人家族と
落ち合う約束だった。
午前9時ちょうど、私たち夫婦と友人、そのご両親は津駅前で合流、、、
総計5人でイザ出発、、、!
もちろん車の運転は友人一人のみ、、、お疲れ様です!^_^)

【この初日のコースは?】
車は津駅ー(伊勢自動車道)ー松坂付近ー(紀勢自動車道)ー
奥伊勢PA-尾鷲北ーこれ以降 国道42号線(下り線)を一路南下~、、、

紀伊半島の東側の海岸線沿いに、、、
七里御浜ウミガメ公園橋杭岩紀伊大島≪トルコ記念館/
/遭難慰霊碑
樫野埼灯台日米修好記念館≫日本最南端/潮岬
、と見て廻り、そこからルートは紀伊半島の西側に向かってUターンとなり、
白浜 まで北上、、そして白浜温泉ホテルに到着。

【ここまで特に印象に残ったのは?】
いずれも楽しい見学だったが、印象深かったのは橋杭岩、そして、、、
そこから見えた紀伊大島(大島)、と云えば子供の頃から聞き知っていた
あの ♪ここは串本、向かいは大島、仲を取り持つ巡航船、、、♪、と唄う
「串本節」、そのものズバリの地に遂に来たのだ。

Img_0020_3 Img_0021
ここで島の位置関係を上右側↑の写真で説明すると、、、
そもそも紀伊半島南端の街が串本町(写真右方向)、そこから細いクビレで
陸続きになっている陸繋島(写真右端)が有る。
その陸繋島東側にある くしもと大橋(写真アーチ橋)を渡ったら、、、
大島(写真左側)となる。(下の地図参照して下さい)

Photo

余談だが、先の「串本節」の中で唄われる巡航船とは? まだ くしもと大橋
が出来る以前の様子を唄ったものだったのだ!
恥ずかしながら私はこの事をまったく知らなかった!恥)
因みに、、、くしもと大橋 は平成11年に開通したと云うから比較的新しい。

その大島には、昔からトルコ記念館/遭難慰霊碑 に大いなる興味が
有ったので、今回それが実現したので大満足した!^_^) それは、、、?
明治時代、当時のオスマン・トルコ海軍の軍艦が台風のため、ここ大島の
東端、樫野崎の岩礁で座礁沈没! その時にここの村民達が献身的に
遭難者の救出活動に携わった。これが切っ掛けとなって後年、、、
今度は日本がトルコから助けられる?、など日本とトルコの友好関係が
今に続いている。映画『海難1890』、にもなっている。

また、ここには日米修好記念館 と云う今回初めて知った施設が有り、
見学して歴史の意外な事実に驚いてしまった!
何んと、あのペリーが日本に来た62年も前に別のアメリカ人が、、、
ここ大島に来ていたのだッ! それも漂着ではなく交易目的で、、、。

Img_0069_2 Img_0091

次に行った場所は? 大島からの帰路、先ほど渡って来た くしもと大橋
再び渡って陸繋島へ。そして今度は西へ向かったら、、、
そこが本州最南端/潮岬 だった。(上の地図参照)

Img_0122 Img_0130

その後、紀伊半島の西側を周って白浜 まで北上、そして白浜温泉ホテル
にて旅の初日の日程を終えた。


◎次に中日の5月11日、、、

【この日のコースは?】
この日は、昨日ここまで来たコースを逆戻りする事になる、、、
つまり紀伊半島西側の白浜から国道42号線を南下して半島最南端の
串本町へ、、、
そして今度は半島東側に出てちょつと北上すると、あのイルカ猟で一躍
注目された太地町くじらの博物館 を経てこの日の最後、マグロ漁で
有名な那智勝浦港 にあるホテルに宿泊した。

この間、、、
白浜≪円月島白良浜千畳敷三段壁洞窟≫~、と見て廻り、、、
最後は、太地町にある くじらの博物館~、、、と見て廻った。

【ここで印象に残ったのは?】
特に印象深かったのは三段壁洞窟、昔々のロマン溢れる源平合戦!
その時に源氏に加勢をした熊野水軍の隠れ場的な海岸洞窟だった。
ここでは多数説明されていた地質学的な事よりも、私はあの時代、、、
この海に直結した洞窟を天然の要塞として、実に上手く利用した当時の
権力者の知恵に感心してしまった。あの土木機械などいっさい無かった
時代にだ、ホント昔の日本人は凄いッ!

Img_0166 Img_0216 Img_0307

また、今回の南紀の旅で昨日のトルコ記念館/遭難慰霊碑 と同じく、
もう一か所、私が関心が高かったのは、捕鯨に関する貴重な陳列品など、
くじらの博物館 だったが、予想してたとおりの素晴らしい施設だった!

そのくじらの博物館 がある太地町は、昔からクジラと共に生き、如何に
クジラを大切にし、敬いつつ古式捕鯨の伝統を守りながら、今に続いて
いる魅力的な漁師町だった。
Img_0302因みに、古式捕鯨とは?どの様な方法で行なわれ
ていたのか?上図真ん中の写真や左図ジオラマの
様に、数名の漁師が乗った小舟が何艘も一緒に
なって一頭のクジラを追いかけていた!、と思われ
るが、かなり命がけの仕事だったようだ。

最下段で案内している、懐かしの映画(11)『白鯨-Moby Dick-』、の中で
この映画のYoutube版を紹介している。その中の一場面に小舟からクジラ
を狙ってモリを打ち込むが、小舟がクジラから引きずり回されるシーンを、
下記URLをクリックしてご覧あれ! 多分こんな状態だったと思われる?
https://youtu.be/a7dSTdHziMs?t=124

また、太地町は例の反捕鯨団体が作ったやらせ映画「ザ・コーブ」の舞台と
なって、あらぬ汚名を着せられた太地町、、、!
そのイルカ猟の現場に似た入り江や、太地町の街中の様子を実際に
この目で見れて大変良かった!、、、嬉しかった、感動した!
その後、那智勝浦港 にあるホテルで旅の二日目の宿泊。


◎最終日の5月12日は、、、
【この日のコースは?】
昨夜泊まった那智勝浦港 にあるホテルから引き続き、往路の逆コースで、
紀伊半島の東側、国道42号線をさらに北上、、、途中の那智 から国道を
外れて内陸部の方へ登り坂を行く、、、

そして、熊野那智大社/那智の大滝 を見学した後、再度国道42号線に
戻ってさらに北上、、、和歌山県と三重県との県境である熊野川を超えて、
三重県に入り、往路で立ち寄ったウミガメ公園~七里御浜~を通り過ぎ、
獅子岩鬼ヶ城~と廻って、最後の帰路についた。

【最後に印象に残ったのは?】
やっぱり熊野那智大社/那智の大滝 だろう! その名称や写真などは
過去見たり聞いたりした事が有ったが、実際に来たのはもちろん初めて
だった。ただただ古~い歴史の宗教施設としての荘厳さを感じてしまった。

Img_0324 Img_0342

今回の「南紀の旅」最後の見学先、獅子岩鬼ヶ城 を見て感じた事は、?
最後に相応しく、悠久の歴史を刻む長~い年月の経過と、その間の偉大な
自然の力に驚嘆、、、!
これを思えば如何に我々人間の日々の悩みや欲望など、もろもろ煩悩が、
くだらなくて小さな事、どうでも良い事、、、と思えてしまったな~!^_^)


Img_0350_2 Img_0371


◎最後に、、、

鬼ヶ城 を出た後、往路とまったく同じルートを逆に国道42号線を北上し、
尾鷲北ICで紀勢自動車道~奥伊勢PA~勢和多気IC~伊勢自動車道、、、
そして最後、我々夫婦は近鉄津駅まで送って頂いて、今回の「南紀の旅」
の全ての日程を終えました。

二泊三日の旅は盛り沢山だった。誘ってくれた友達、そして彼のご両親に
こころから感謝深謝です。『ありがとうございました!』

写真集≪南紀の旅,2018.05.10~12≫ も是非ご覧下さい。
 
(より詳しい説明など下手なコメント付ですが、、、!^_^)

◎参考資料
*
紀伊半島全図 (Google Map)
*
南紀
*
七里御浜
*ウミガメ公園
*橋杭岩
*紀伊大島
*樫野埼灯台
*日米修好記念館
*潮岬
*円月島(高嶋)
*
白良浜
*千畳敷
*三段壁洞窟
*熊野那智大社
*那智滝
*獅子巌
*鬼ヶ城

◎下記は過去、私が特に関心を持って読んだ資料
*トルコ記念館
*エルトゥールル号遭難事件
*映画『海難1890』
*太地町
*くじらの博物館
*
イルカ漁めぐる問題 和歌山県知事の「世界からイジメ」
*イルカ漁等に対する和歌山県の見解 (米映画「ザ・コーヴ」について、他)
*鯨イルカ・イデオロギーを考える
*イルカの追い込み漁「湾内に血の帯」と反捕鯨団体
*捕鯨
*
日本の捕鯨
*
捕鯨問題 


◎拙関連ブログ

*感動の映画(2)『海難1890』
*環境保護、動物保護の詭弁
*クジラを食べたいな~!
*懐かしの映画(11)『白鯨-Moby Dick-』



◎コメントは こちら から、、、!

« 気分転換のクラッシック! | トップページ | ワールド・カップは面白いけど? »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。