フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 大相撲問題を考える! | トップページ | 今冬初めで最後の雪かも? »

2018年1月24日 (水)

天災は忘れる前にもやってくる!

“天災は忘れた頃にやってくる”、な~んてもう古いのだッ!
                、、、忘れる前にもやってくるのだッ!^_^)

Shiranesan_3

Shiranesan2
報道によると、昨23日に噴火した群馬・長野
県境の草津白根山の火口は、従来警戒を
強めていた場所「湯釜」ではなく、気象庁が
3000年間も噴火していないとみていた
2キロ南の別の場所「鏡池」だった? 、と、
考えられる、、、と!




爆発した「鏡池」と呼ばれる場所について、気象庁はメディア等からの
批判を恐れてか? 過去3000年間噴火していない事から想定外だった、
と強調している様だけど、、、?

これを読んで違和感を抱いた? だいたい火山爆発などの規模やその
被災範囲を考えれば、2キロとか3キロなんて距離間は妥当なんだろうか?
地球規模の“噴火地点”と考えれば、2キロ、3キロなんて距離は同一地点、
、と考えて良いのでは? と思うけど? ピンポイントで表現すること自体、
あまり意味がないのでは? と思うけどな~、、、?

また、3000年も間があかなくとも、愚かな人間はわずか3年間でも忘れて
しまう。天災は云うに及ばず、人の噂も75日、、、とか云ってね!^_^)
しかし今回は熊本地震から2年未満、御嶽山噴火から3年3ヶ月目だった。

火山の噴火爆発なんて“山のくしゃみ” !、、、
地震や火山噴火など、自然現象なんて誰にも予知出来る訳がない! 
いつ、どのくらいの規模で爆発? な~んて誰にも分からない。
結局、なる様にしかならないのだッ!
だから、いつでも何処でも自然の怖さを忘れてはいけない! って事!

『草津白根山で被災された全ての皆さんに、
                 心からお見舞い申し上げます!』



◎過去の関連ブログ記事。
熊本地震
箱根噴火と金時山
御嶽山 捜査打ち切り
御嶽山噴火

◎コメントは こちら から、、、!

« 大相撲問題を考える! | トップページ | 今冬初めで最後の雪かも? »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。