フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 『高澤 綾(Tp)"Crescent City Connection"発売記念ライブ』 | トップページ | 黙祷!:8月9日 午前11時2分 »

2017年8月 7日 (月)

久しぶりの七夕まつり

連日の猛暑続きだが暑い、暑い、と云っても涼しくなる訳でもなし、、、
相変わらず耳の調子も良くないが気晴らしに久しぶりの七夕まつりへ、、、
ちょうど今8月4、5、6日の三日間は安城七夕まつり!
5日の夕方5時ごろから出かけた、、、

Img_0013 Img_0014_2 Img_0017 Img_0030

ところで、、、

“たなばた”をなぜ「七夕」と書くのか? 以前調べたことがあったけど!
もともと棚機(たなばた)とか、棚幡と書いてたらしいが、“たなばた”とは
中国やベトナム、そして日本のお盆行事の一環でもあり、精霊棚と、
その幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と
書いて「たなばた」と発音するようになったとか?

まぁ~そんな講釈はどうでも良いけど、、、!^_^)
日本の夏といえば、祭り、花火、盆踊り、etc、etc、、、
これも以前調べたことだけど、安城七夕まつり は仙台・平塚と並んで
「日本三大七夕まつり」として有名らしい?
よく“日本三大○○”、と云うけど、、、いったい誰が決めたの?^_^)

場所はJR安城駅の周辺商店街。たしかに七夕の飾り付けは豪華で
クス玉も大変綺麗だ! この三日間は安城市内は七夕まつり一色!
明るいうちに、と、、、夕暮れ前に行ったが大勢の客で賑わっていた。 

Img_0033 Img_0034 Img_0041 Img_0053

子供の頃に聞いた
織女星と牽牛星の話、7月7日の天の川伝説を
思い出しつつ、、、? 綺麗なクス玉を眺めながらのブラブラ散策!

Img_0047通りに並ぶ屋台の中には昔懐かしい金魚すくいの店、
何故か金魚じゃなくて小さなボール球だったけど、、、?
金魚は持ち帰ってもその世話が大変だから?


Img_0046
屋台の殆どは食い物屋ばかり!
彼らは、こうして全国の祭りどころを転々と周って
いるんだろうな~?


、、、てな事を考えながら、以前ネットで調べたことが有ったけど、、、
もともと「七夕祭り」は、神輿や山車などを使う大掛かりな祭りとは違って、
全国通津浦々の庶民に伝わる簡素なお祭り。そんな習慣を利用して、
戦後復興の頃に小規模な商売人の活動を助成する事で広がった、とか?
まぁ~今で云う安倍内閣の政策「地方創生」、って感じかな~?^_^)

それが最初に成功したのが仙台七夕まつり 、だったらしい?
これを模範に、商店街のイベントとしての「七夕祭り」が東日本を中心に
日本各地で開催されるようになったとか!

今や全国の有名な七夕祭りは、本来の神事との関わりも薄れ、もっぱら
観光客や地元商店街等への集客を目当てとした、商売人たちの金儲けの
為の行事となってしまった!^_^)

450pxtanabata_2また、七夕まつりと云えば、、、
我々が子供の頃は、豪華なクス玉など見た事もなく、
各家庭で質素に短冊の飾りつけをしていたな~!
短冊に何か願い事を書いたような遠い記憶があるけど?
しかし今時、家庭でこんな短冊の飾り付けをする家は
有るんだろうか?


Img_0062オッ! 見つけたぞッ! 若い親子連れ、、、!
短冊に何か願い事を書いて、、、?
微笑ましい一瞬だった!



2008年に初めて安城七夕まつりを見た時、、、
「宝クジが当たりますように!」 な~んてえげつない願い事を書いて、、、
あぁ~あれから9年経ったが、、、未だ当たらず!^_^)
あの2008年の時は3億円、、、それが今2017年は7億円!^_^)




◎ご覧あれ!⇒写真集≪安城七夕まつり,2017.8.5≫

「安城七夕まつり」公式Web Site

≪安城七夕まつり≫(2008年のブログ記事)

◎コメントは こちら から!

« 『高澤 綾(Tp)"Crescent City Connection"発売記念ライブ』 | トップページ | 黙祷!:8月9日 午前11時2分 »