フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« ふたたび因果応報 | トップページ | 音楽ツール今昔もろもろ »

2017年8月31日 (木)

日野皓正が中学生に往復ビンタ!

毎朝、遅い朝食のコーヒーを呑みながら、テレビ朝日の「羽鳥真一・
モーニングショー」を観ている。
別にこの番組のファン、って訳でないが、連れ合いが観ているので、!^_^)

今8月31日朝も同じようにこの番組を観ていたら、、、
世田谷区教育委員会主催の「Dream Jazz Band Workshop」、で講師の
ジャズ・トランペッター日野皓正 が、本番演奏中の中学生に往復ビンタ!

この世田谷区の企画は知らなかったけど、既に何年も前から続いている
企画のようで、現在は主に日野皓正が講師で中学生を対象にしたジャズ・
オーケストラを指導し、年に一回8月に世田谷パブリックシアターで、
「Dream Jazz Band Concert」 、として練習の成果を発表しているらしい。

そこで今朝の放送では、、、
その本番演奏中に、ドラム演奏をしていた中学生に日野皓正が往復ビンタ
を喰わした!、、、と大騒ぎ。 その時の様子は下記をご覧あれ、、、!



報道した「羽鳥真一・モーニングショー」は単細胞ガキ司会者の羽鳥真一、
ひょっとこ顔で口を尖らせ、大した見識もないクセに毎回偉そうに社会問題
を全て政治のせいにしてグチる、私が大嫌いなコメンテーター、玉川 徹

その他、この番組の専属コメンテーターの中には、比較的常識的なコメント
をする 高木美穂や、石原良純、、、など。
その常識的な筈の高木美穂が、今朝上記の報道でのコメントでは、、、

「いかなる事情があるにせよ、やり過ぎだったと思う」と日野氏の行為を
指摘。また日野氏を知るという高木は「不器用な方だと思う、言葉よりも
音で伝える仕事ですから、不器用な人と不器用な人がぶつかって、
ステージの上でこうなってしまった。
、、手が出てしまったのはすごく残念です」 と。 これを聞いた私は唖然!

後刻、この出来事に対して他の報道を観ると、その殆どが日野皓正の
行き過ぎた指導
、とか、どちらかと云うと彼を批判する内容ばかりだった。
何故、日野が手を出したのか? と肝心なその理由を知ろうとせず!

まぁ~それは他の事例でも同じ事、日本のメディアは何事も問題の原因、
その経緯や理由は一切伝えず、結果だけをギャーギャー大騒ぎする。

そこで問題の実際の場面をテレビで観ていた私が思うに、、、

オーケストラでは各ソロ・パートの演奏は何小節、と決められている。
これは何もジャズに限らずクラシック演奏会でも同じ事、、、なので、
それを無視して自分勝手にドラムのロング・ソロを演っている中学生
ドラマーに対して指揮を執っていた日野皓正がアタマにきて、ドラマーの
スティックを取り上げて投げ捨てた!

、、、にも拘らず悪びれない件の中学生は今度は素手でドラムを叩き始め、
そこでカ~ッ!となった日野がお前は帰れッ! と怒鳴ったり、
中学生の髪の毛を掴み、往復ビンタを喰らわした!


これの何処が悪いのか?
何故、日野皓正は非難されなければならないのか?
                  、、、中学生がケガをした訳でもないのに!
後刻、件の中学生本人とその親?とかのコメントでは、、、
「多分、自分(その中学生)が悪いんだろうけど?」、とまだ何か不服そう?
これを聞いた私はテレビに向かって「お前はアホかッ!バカかッ!」と!^_^)

昨今の世相は、何が有っても体罰は絶対ダメ! と云う者が多いけど、、、
今回の場合は100%中学生ガキの方が悪い! クソ生意気だッ!

普通だったら最初に日野からスティックを取り上げられた時点で固まって
しまうだろう!
それがまるで日野に反抗でもする様に、まるで皮肉で当て
付けたように今度は素手で叩くとは?  観ていて私の方がアタマにきた!

ただ、反面思ったのは、、、?
往々にしてこの様な非常識なクソガキに限って、天才的な才能の持ち主も
居て、場合によっては今回の中学生も将来偉大なジャズメン、ミュージ
シャンになったりして、、「昔さ、ペツトの日野皓正に引っ叩かれてさ~!」、
とか周囲に話したり、とか?^_^)

【注】9月3日追記
「体罰=暴力」と思って、何が何でも日野皓正に非が有るとするマスゴミは
以下の日野の言葉で絶句!^_^) それは、、、?

日野は集まった報道陣に対して、、、
「あんたたちがこういうことやって、日本の文化をダメにしてるんだよ。
だから文化が低迷している」、と苦言も展開。

そして、、、
「貴方達は俺をいじめてるけど、本当は彼(中学生)をいじめてるんだよ。
俺はお前たちに何を言われようが、真剣に文化と生きてるわけだし、
子供たちをどうにかして世界的にしようと思っていろんなことをしている。
お前らが騒ぐほど、ヤツは忘れられずに何年も苦しむことになる。
それをよく考えて」

以上、https://snjpn.net/archives/29589 より抜粋:

この実際のやりとり場面をテレビで観ていたが、、、
日野に質問していた若い記者の顔がまったく間抜け顔そのもので、
よく政治家にくだらない質問をしている記者たちと同じくアホ面して
いるな~! と思った。
まったく日本は何故こうも記者や報道のレベルが低いのだろう??




◎関連資料
日野皓正(Wikipedia)
世界的トランペッター・日野皓正が中学生を往復ビンタ


◎過去の関連ブログ
拝啓:スポーツ指導者の皆様へ!
体罰≠暴力
指導死?

◎コメントは こちら から!

« ふたたび因果応報 | トップページ | 音楽ツール今昔もろもろ »

【注】下段の≪写真集≫は、2019年3月以降、現サーバーの改編により継続不可となりました。