フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 香港はあと30年で、、、 | トップページ | 『村田 浩 & The Bop Band』 »

2017年7月 5日 (水)

105年目のタイタニック!

先夜、何とはなしにTVチャンネルを回してたら、、、?
BSプレミアムでタイタニック号沈没事故の話をやっていた、、、

Bstv_titanic_2
先夜の放送では、タイタニックが沈没する時、乗組員ムーディーの勇敢な
自己犠牲で救われた家族の子孫と、そのムーディーの関係者の子孫が
運命の出会いをする、と云う感動的実話、、、さらに他にも 、、、

船の設計士の苦悩話、また船が沈没する最後の時まで演奏を続けて人々
を勇気づけた楽団員と恋人の話などなど、、、


◎今2017年は、あのタイタニック号沈没から105年目、、、!
事故は明治最後の45年(大正元年)、1912年4月14日、極寒の北大西洋で
起こった!

Stwer_titanic
こんな話は好きなので、沈没からちょうど100年目となる5年前の2012年に
拙ブログロマン誘うタイタニック を書いた、、、その切っ掛けは、、、?

あの時は、例のジェームズ・キャメロンのヒット映画「タイタニック」の中で、
乗組員のマードック って人が沈没し始めた船の中でパニックになった乗客
の一人を、弾みとは云えピストルで撃ってしまい、自分もその場でピストル
自殺を遂げた男、、、?

映画ではそうだったが? その行動が実際にはどうだったのか? と、
私は非常に興味があったのでネットや書物で調べる内に、、、

マードック に限らず、沈没の犠牲者の遺族や、幸い生き残った人達、
また、船の乗組員など多くの関係者とその子孫達、彼らのその後の人生の
ドキュメンタリー話が多い、って事を初めて知った。
              、、、先夜のBS放送もそんな話の一つなんだろう!

乗組員マードック の話は先の拙ブログを読んで頂くとして、、、
それ以外に同ブログでは、タイタニック号には実は「細野正文」と云う
日本人乗客が居た、って話も書いている。
乗員乗客合わせて2,200人程の内、1500余人が犠牲になった最大の海難
事故! その700名ほどの生存者の中の一人がこの日本人だったのだ!

その細野正文さんは誤報が元で 「他人を押しのけて救命ボートに乗船
した卑怯な日本人」、「武士道的精神に反する」
と長い間、世間から非難
されていたとか?
                  、、、だが、この件は後に名誉回復している!

また、当時タイタニックからの「男性生還者」そのものが少なかったため、
彼ら欧米人男性でさえも、生還後 自国内で「卑怯者」とバッシング
受けたとか? せっかく命からがら助かったのにな~!

これって、彼ら欧米人の心理も、例えば、、、
“日本兵が幸い戦死せずに帰国したのに、戦後の日本では肩身を狭く
 して生きていくしかなかった!”
、などと良く聞く話!
                    、、、そんな心理だったのかな~?、と。

タイタニックの関係者の中には、例の映画以上に興味を引く話もあって、
それらが殆ど実話ではあるが、中には真偽のほどが怪しいものまで含め、
いずれも感動的でロマン溢れる話として伝わっている。
それくらい、あの海難事故が現在まで各方面に影響を与えた事故だった、
、って事だろうな~!

聞くところによると、、、
この沈没事故後、船舶の海難事故防止の為の諸々の船舶安全対策や、
世界的な法規制の整備、海上交通の安全基準などの整備が徹底された
らしい。


◎参考記事
 
タイタニックのクルーたち
 
(実に素晴らしいサイトです。タイタニックの実在の航海士たちの話や、
    その他、タイタニック関連の貴重な資料が満載された歴史サイトです。)

◎関連記事
 
ロマン誘うタイタニック (2012年の拙ブログ記事)
  タイタニック号沈没事故 (Wikipedia)
  唯一の日本人乗客「細野正文」 (Wikipedia)
  (因みにこの人の孫 「細野晴臣」 は、坂本龍一らと組んだ元YMO
                               、、、プロ・ミュージシャン)
  タイタニックに関するサイトは他にも山ほどあります。例えば、、、
  タイタニックのまとめ検索
  タイタニックの驚くべき14の事実
  その他モロモロ!

コメントはこちら から、、、!

« 香港はあと30年で、、、 | トップページ | 『村田 浩 & The Bop Band』 »