フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 雪の飛騨高山 | トップページ | 桜も散り始め、、、 »

2017年1月25日 (水)

ストレス性難聴か?

もう2週間ほど前から耳が聞こえない!? 何故?
最初は鼻かぜだった。そして何回か鼻をかむ内に、いつもの様に左耳が
詰まった感じになる? これは以前も有った事だったので特に気にして
なかったが、、、、

Irasuto01_2それまでは一両日中に耳詰まりも自然に治っていたのに、
今回はなかなか治らない? その内に何ともなかった
右耳まで詰まった感じになってきた?
そして徐々に両耳とも完全に詰まった感じ になって
しまった、、、?

E99ba3e881b4テレビの音はもちろん、連れ合いが何か言っても
よく聴き取れない?
大声で云って貰うか、耳元で云ってくれないと
聴こえない!?^_^)


遂には連れ合いもイライラ! こっちたら~もっとイライラなんだよッ!
その後、鼻かぜは殆ど治ったが耳だけの異常が続く、、!

いつもこうしてPCに向かってる時はBGMとしてジャズを鳴らしているが、
これも耳詰まり音、さらに高音が聴こえないのでシンバルやハイハット
音が聴こえなくて面白くない!



◎遂に本気で心配になって、19日(木)早朝から行きつけの総合病院内
耳鼻科へ! 診断の結果、中耳炎とか耳そのものの問題ではなさそう。

Photo_2
また少々辛かったが鼻から細い管を差し込んで、喉(のど)も検査したが
特に異常は見られず、ただ軽い鼻炎を起こしていた、、、それは、、、?
鼻風邪をひいていたので当然! と医者も云う。
             、、、どうやら私の耳詰まりは感音性難聴 らしい?

その後、聴覚検査 を実施!
これは鼓膜の動作、感度を計る気道検査と、骨に振動を与え聴覚神経を
チェックする骨伝導検査の二種類。
何れもそれぞれ片方の耳ずつ、発信音の周波数とその強さを変えながら、
聴覚をチェックする。

Audiograma_2左図は自分の検査結果でなく、説明のための
一例だけど、、、
縦軸に-20〜120までdB数値で音の強さを表す。
下方ほど聴こえにくい状態を表している。
横軸は周波数低音〜高音、つまり左側から
125Hz〜8000Hzの数値まで調べる。

要するに、聴力検査は単に音の強さだけではなく、どの音がどれだけ
聴きにくいか、つまり周波数を変えながら 二つの軸を組み合わせ、
各々発信させ、患者の聴力をサンプリングする。

まぁ~自分の場合は検査を受けるまでもなく、高音つまり高い周波数の
音が聴きにくいのは以前から判って はいたが、今回はそれが顕著に
現れていて、上図の縦軸の音の強さが全ての横軸の周波数帯で、、、
40dB以下、2,000Hz以上が 急激に下方にサンプリングされていた!

Hearinga_2_8
つまり難聴レベルと しては“中等度難聴”(平均値)って事になりそう!
通常は全ての周波数帯域で40dBの上、30dB~0 までの間にサンプリング
されたら平均聴力としては正常らしい。

件の医者は多分? 私と同年輩で、最近の若造医者とは違ってこちらの
話を良く聞いてくれた。
「先生、今回耳詰まり感が治らないのは何故? 原因は?」、、、                          
「先生、大好きな音楽、ジャズが聴けないのが辛い! 何とかしてッ!」、、、
(医者)『まだ分からんが?、、、よし、いろいろ薬を出して見るから、
                           、、、また来週お出で!』
、、、と。

◎結局、内服薬として、、、
炎症抑制剤、気管支粘膜整調剤、血行促進剤、ビタミンB12、、、
各一錠、計4錠を毎食後服用一週7日分、、、これで様子を見よう、と。
      、、、んでその結果、今25日朝まで、、、残念ながら変化なし!
明26日は朝から再度病院へ行くつもりだが、件の医者は何と云うか?




◎てな訳で、もう二週間以上、私の両耳は相変わらず詰まった感じ、、、!
毎日が憂鬱で、、、それでなくともイライラが続いている毎日なのに、、、!
一体全体、いつになったら治るのかな~! 
        、、、このまま治らなかったらどうしよう? ショック!

もうジャズを聴いても大好きなシンバル・レガートが聴こえなかったら
面白くも可笑しくもない!涙)

0020dd781_2
←上記ディスクの天才ドラマー、神業のシンバル・ワーク、
トニー・ウィリアムス も死んだも同然。(実際1997年に歿!)



あぁ~神様仏様、お助け下さい!、、、困った時だけの神頼み!^_^)
                      、、、明26日は再度病院へ、、、!




◎以下、余談だけど、、、
オーディオが好きな人はご存知と思うが、あの“Loudness Control”、、、

Loudness_2_2そもそも人間の耳は厄介な特性を持っている!
左図は有名なフレッチャーマンソン曲線 と云う
音圧と耳で感じる関係を示したデータ。
同じ大きさの音でも周波数によってよく聞こえたり、
聞こえなかったりする。
但し、これはあくまでも感覚上(心理量)の話。

オーディオ機器のラウドネス・コントロールとは、この人間の耳の特性を
カバーする為、特に音量を下げた時に聴こえにくい低音と高音を強調
する電気的な補正装置の事。

このフレッチャーマンソン曲線を上下逆にして見ると、上記の聴覚検査図
と同じ様な聴覚と音の強さや周波数の関連が分かる。
 2_3
Audiograma_2 フレッチャーマンソン曲線の横軸周波数
単位を聴覚検査図のそれと重ね合せ、
さらに縦軸の音圧の30~40dB前後を
見れば分かる。



◎今回の耳詰まりの件、例によってネットでもいろいろ調べているが、、、
中でも興味を引いたのは“突発性難聴”、と云われる症状、病名、、、
特に最近はヘッドフォーンの多用などで、若い人に増えてる病気らしい。
また、何かウイルスへ感染、免疫細胞障害、血流悪化など各説が有る。
その他、強いストレスを感じている時期やなどでも発症しやすい、、、とか!

そうだッ! 私の“突発性難聴”の原因は“ストレス”に相違ない!
だって、昨年末から今日まで続いている連日イライラのしっぱなし、、、
心理的悪循環、ストレスがピークに達していたのは紛れもない事実!
心因性難聴(ヒステリー性難聴)、と云う病名も有るらしいから、、、!




◎関連資料
*オーディオグラムの見方、、、

*突発性難聴

◎過去の関連ブログ
*
人間の耳

« 雪の飛騨高山 | トップページ | 桜も散り始め、、、 »

コメント

お久しぶりです。
福岡は久留米の井上龍夫です。
階段から転げ落ち、そのまま救急車。
四ヶ月監禁されるような入院を、年明けに退院して、FBのなりすましに藻あっており、今の世の難しさを味わっております。

私も難聴です。

補聴器を勧められましたが、長い間大きな音を聞いてたが故、諦めております。

ストレス性であれば、ストレスが無くなることをお祈りします。

ご無沙汰してます。
緊急な事故に遭われた様で、、、?
遅ればせながらお見舞い申し上げます!

実は私は昨年10月中旬~つい先日1月末まで3ヶ月間強、
家庭内の事情で大変忙しい時期を過ごしていました。
それが、この間の拙ブログ記事の随所でグチっているストレスでした。

難聴? それも“ストレス性難聴”とは、私が勝手に名付けた病名で、
医者からその様に指摘された訳ではありません!^_^)
いわゆる耳詰まりの状態が始まって、既に1ヶ月近くになります。
病院にもこれまで4回ほど通院し、耳に水(体液)が溜まっていたので
これを抜いたりしてますが、今2月5日現在いまだに完治しません!涙)
もうしばらく通院の必要がありそうです。
貴殿もどうぞ御身お大事になさって下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の飛騨高山 | トップページ | 桜も散り始め、、、 »