フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« ブラジルの引ったくりは? | トップページ | 『TONNBASA 倉谷明バースデーライブ & CD発売 1周年記念 、Special Guest:向井滋春』 »

2016年8月 9日 (火)

8月9日、11時2分

ある夏の日、その日も暑い昼ごろだった様な気がする、、、?
私は家の中に居た。突然 部屋の障子越しに 『 ピカッ!』 と強烈な閃光!
と、同時に 『 ドドーンッ!』、と大きな地響きの様な鈍い音! その振動で
襖や障子が揺れてビックリ仰天、、、!
 
昼ごはんの準備をしていた婆ちゃんが、、、
『 昼間っから今ん稲光はなんね~? カミナリ?』『 こがん良か天気に、
カミナリとは違うわね? 何んやろか~?』
、、、
そんな事を呟きながら婆ちゃんは私を連れて裏山に登って行った、、、

小高い裏山、そこは長崎港を見渡せる場所だった、、、そしたら、、、

長崎港の奥、市の北側の遥かもっと先、、、浦上方面に、、、
奇妙な形の真っ黒な入道雲? みたいなものが上っているのが見えた!



当時、私は長崎市の南側郊外、市の中心から一つ二つ、山向こうに
住んでいた。
その為に【注】直接被爆 を受けずに済んだ! と後日両親が語っていた
のを思い出す。3歳だった私はその日何をしていたのか憶えていない。

かすかに記憶が有るのは?、否 記憶ではなく錯覚 だったかもしれない?
小さい時から祖母や母から何十回となく聞かされてきた『 ピカ、ドーン!』
の話が私の頭に焼き付き、それがあたかも自分の記憶であったような?
今ではそんな気がしている。
      、、、
その頃 母は勤めに出ていた。そして父は遠く外地、、、、

*******************************

今から71年前の昭和20年(1945年)8月6日、人類最初の原爆が広島に
落とされ、、、それから僅か3日経った今日8月9日、午前11時2分、、、、
アメリカは二発目の原爆を 我がふるさと長崎 に投下した。

そこは、、、長崎市中心部から北部に約3km離れた浦上地区 だった。
原爆は上空高度約500mで炸裂! わずか0.2秒後には半径200mもの
巨大な火球を作った。火球の表面温度は太陽の表面温度並の8000度!
その結果、強烈な熱光線と猛烈な爆風で爆心地から半径約3km以内は、
       、、、人間も、動物も、建物も、、、ほぼ全てが瞬間的に壊滅!
その後も、炎と放射能に覆い尽くされた正にこの世の地獄だった!

浦上地区、そこは昔からカトリック教徒が多数住んでいた地域だった!

(A)Tou3_2_5   (B)Catholic_cathedral_in_nagasaki_2_6   (C)Dsc01733_6

上の写真左から、、、
(A) 爆心地近くに建っていた被爆前の浦上天主堂。
(B) 同、被爆直後の崩れ落ちた壮麗な聖堂の残骸。
(C) 同、その現在の姿。味も素っ気も、情緒すらない現在の教会に変貌。
   それは設計者がカトリック教徒ではなかったから、、、らしい?

(D)Uragami   (E)800pxnagasakiurakami   (F)800pxnagasaki_temple_destroyed

(D) 被曝前の爆心地付近と浦上天主堂の遠景。
(E) 同じ場所の少し右寄り遠景、被曝後に瓦礫と化した周囲と天主堂。
(F) その後ろ手、破壊された仏教寺院と仏像。有名な片足鳥居も!
                  (原爆投下6週間後の1945年9月24日撮影)

アメリカは仏教寺院もカトリック教会も、区別なく破壊してしまった!
キリスト教 の中でも特にプロテスタント(新教)が多いアメリカが、、、
同じキリスト教徒の中の、カトリック(旧教)が多い長崎を原爆で殺戮して
しまったのだ!

後日、来日したアメリカの調査団は、この教会の惨状をどう見たか?
『 同じキリスト教でもカトリック教会だから構わない!』、とでも思ったか?
まさかッ! (注:カトリック と プロテスタント

長崎市は原爆で破壊された浦上教会(浦上天主堂)上図(B)を、、、
広島の原爆ドームの様に、原爆投下のシンボル的存在にする筈だった?
当初、この浦上教会をそのまま残す計画だったはずの当時の長崎市長。

しかし、この市長は米国セントポール市との姉妹都市締結で渡米して
帰国後、今後の日米関係など政治的背景を重視したのか?
、、、その考えを180度変更!? 何故??

渡米後の市長に一体何があったのか、、、、、?
浦上教会がある長崎市の北側に位置する浦上一帯は、江戸時代から
隠れキリシタン の聖地、とも云われる地域で、昔から現在に至るまで
前記したようにカトリック教徒が多い地区。
(浦上地区だけでなく、そもそも長崎は歴史的にカトリック教徒が多い!)

そんな長崎に原爆投下した、と云う不都合な事実を消すために、、、?
或いはこれを隠すために、市長に何らかの見返りを条件に、、、?
プレッシャーを掛けたのだろうか?
だから浦上天主堂の傷跡を抹消する必要があったのだろうか?

余談だが、、アメリカでは少数派のカトリック信者であったJFケネディ が、
もしあの太平洋戦争末期の米国大統領だったとすれば、、、?
長崎への原爆の投下を認めただろうか?

また勘ぐれば、江戸時代から長崎とは縁が深かったオランダとか、
ポルトガルならともかく、もともと 大した縁もない 米国ミネソタ州都の
セントポール市、、、?
それも初めてと云われる姉妹都市提携を何故結んだか?
姉妹都市になって互いにどんなメリットがあった、とい云うのか?
上記 不都合な事実と併せて、何となくアメリカ側の魂胆が見え隠れする。

話を戻して、、、、、
被害当事者である浦上教会の当時の司教も、上記した様にこの地区が
歴史的な意味合いからも重要な場所なので、他所への移転には反対で
同じ場所での教会再建の意思が強かったらしい。?

その為には教会の傷跡を撤去しなければならない教会側の考えと、
結果的にアメリカへの配慮を優先した? 当時の長崎市長の意向が
合致して、旧天主堂の廃墟は撤去されることになったらしい。
それにしても私が思うに、上図(B)聖堂の残骸ぐらいは、元の場所に
そのまま残せたのではないのか?

一部の遺構は保存されたとはいえ、上記広島の原爆ドーム の様に、
爆心地付近の惨状をありのままの姿で後世に伝えることが出来る遺物を
残さなかったこと、また広島原爆ドームが史跡やユネスコの世界遺産に
登録されたこと等から、長崎の場合は全てが取り壊されたことを残念がる
市民も未だに多い。

399px1_2因みに長崎は、浦上教会から約500メートル離れた
爆心地が平和公園となり、そこに破壊された
浦上教会の残骸、遺構の一部を移設、、、

1_2
そして、その平和公園に
新しく平和記念像が建てられた。



【注】当時の長崎市の人口は約24万人。瞬間的直接被曝死7万人強、、、
時間を経てからの二次被爆死、三次被爆死、その後、長崎市内外と
それ以外の土地から長崎に来た人達などの被爆、全て合わせて
約15万人以上の人々が亡くなっている。建物は市内の約36%が全焼
または全半壊。

(爆死とは原爆の熱線や爆風で直接的に身体に損傷を受けた者、
被爆死とはいわゆる放射能被爆が原因で死亡した者。)
また直接間接被爆以外、例えば母親の胎内での被爆などによる放射能
二次、三次被爆、つまり白血病、癌などでの死者はこの71年間毎年、、、
今なお続いている。

◎以上、過去のブログ記事などのリニューアル焼き直し版でした!^_^)


さぁ~間もなく、、、午前11時2分 “黙祷”、!



◎関係資料
長崎市への原子爆弾投下
カトリック浦上教会
長崎平和公園
長崎 原爆の画像(閲覧要注意!)

◎過去の関連ブログ
オバマ・スピーチを聞いて!(2016年5月29日)
長崎、あの日から70年! (2015年8月9日) 
長崎“原爆の日” (2014年8月9日)
広島“原爆の日” (2014年8月6日)
長崎 原爆投下から68年 (2013年8月9日)
因果応報,Ⅱ (2012年8月22日)
8月9日、午前11時2分 (2012年8月9日)
8月9日、、午前11時2分 (2011年8月8日

« ブラジルの引ったくりは? | トップページ | 『TONNBASA 倉谷明バースデーライブ & CD発売 1周年記念 、Special Guest:向井滋春』 »

コメント

おはようございます。TVはオリンピック一色!そして高校野球!
すっかり原爆の話題になりませんね。広島の時は、大々的に放送できたのに、長崎はオリンピックに挟まれて、縮小?気味でしょうか?10:30からは放映されるようですけどね。私もTVの前で黙とういたします。
広島も長崎も行ったことがない私です。この世にいるうちに1度は行かねば~!

いや~どうも! お久しぶりです。

例え五輪が無くても、長崎の原爆報道は毎年こんなものですよ!
http://yoside.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/70-6776.html

オラがふるさとの自慢話はしたか~ねぇ~けど、、、!^_^)
「長崎」の全国的知名度と云えば「ハウステンボス」、、、
しかし、これは長崎市でなく、長崎県佐世保市です。
歴史的な意味合いでの長崎を知りたければ、、、
長崎市内へ是非一度足をお運びください。
http://yoside.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-8db5.html
http://yoside.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-9bb1.html
http://yoside.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-6263.html
http://yoside.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-1113.html
※結局、自慢話じゃ~ねぇ~か!^_^)


黙とう終わって、「おくんち」のページへ飛んだ不謹慎な私です。
長崎の紹介ありがとうございます。ブログページも楽しめそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラジルの引ったくりは? | トップページ | 『TONNBASA 倉谷明バースデーライブ & CD発売 1周年記念 、Special Guest:向井滋春』 »