フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« ジャズ喫茶 「GOOD BAIT」 | トップページ | 東北は日本人の心の故里か? 「壬生義士伝」から。 »

2016年1月15日 (金)

「RYAN KEBERLE & Catharsis Japan Edition 2016」

先日1月13日(水)、その夜のライブハウス“Mr.Kenny's” では、、、

12573728_606625756143629_1066101000
「RYAN KEBERLE & Catharsis Japan Edition 2016」 とは?

現代若手ジャズ・トロンボーン界最高峰、、(か、どうか知らないけど?)
《Ryan Keberle/ライアン・ケバリー》 が来日!自身のプロジェクト
『Catharsis』の楽曲を日本の精鋭ミュージシャン達と共演の
                             、、、Japan Tour 2016、、、
、として東京、静岡についで、今回名古屋ケニーズでのライブになった。

Ryan Keberle はそのProfile によると、、、
この人は1980年生まれのアメリカ人、って云うからまだ35歳の若手! 
最近のジャズ・ミュージシャン、それも本場アメリカ人はどんな人が活躍して
いるのか? ほとんど知らないし、もちろんこのトロンボーニストも初めて!
それはともかく、この日のメンバーは、、、
Ryan_keberle_2写真はネット上のFB(https://www.facebook.com/masashi.ando.10?pnref=story
から無断借用。


上の写真左から 東かおる(vo)、Ryan Keberle(tb)、中林薫平(bass)、
広瀬未来(tp)、樋口広大(dms)


◎ここで、いつもの“オレ流”ライブ感想だけど、、、

そもそも、この日のうたい文句、、、
“自身のプロジェクト「カタルシス」の楽曲”、ってなんだ~? と改めて
調べてみたら、、、
「音楽コミュニケーションへの実験的アプローチ」な~んて小難しい話!^_^)

まァ~そんな事はどうでも良くて、、、
いつもの様に 先入観は抱かず 聴いてみたら、、、
三管編成ならぬ二管+一声編成?、つまり広瀬(tp)、ライアン(tb) で二管、
そして“一声”とは? 東かおる(Vo)のこと!

要するにボーカルと云っても、演奏の中で時々歌物も入る、って云う普通の
ライブ・パターンではなくて、、、まるで三管の中の“一つの管楽器”の様に、
東かおる(vo) が素晴らしいスキャットを駆使して唄い奏でていたのが
特徴的だった。

選曲は2st.の殆どの曲がライアンのオリジナルだったが、ニ、三曲は
スタンダードも演奏してくれた。
特にボーカルがライアンのトロンボーンと、ユニゾンの様に奏でたりする
のが良かったし、他の二管とアンサンブル的な役割を果たしていたのが
印象的だった。

まぁ~普通は、演奏者のオリジナル曲、って~のは聴いてる方はあまり
面白くない場合が多いけど(^_^)、このグループはそれほど独善的でなく、
聴かせてくれたところが良かった。

ただ、外人ミュージシャンに多い日本の禅への共鳴心酔、、、?
Ryan Keberle も御多分にもれずで、一曲だけそんなテーマの曲が演奏
されたが、こりゃ~ど~もッ? もう結構です~! って感じだった!^_^)。

1st.2st.の全曲を通じて広瀬未来(tp)が素晴らしかったのはいつもの事、、
今回は特に、もしこの人が居なかったら、正直云ってあまり楽しいライブ
にはならなかっただろう?
この人のスリリングなハイトーンには毎度の事ながら痺れっぱなし!^_^)

また、今回初めて聴いた中林薫平(bass)、この人のウッドベースの音色は
非常に重く、魅力的で且つ凄いテクの持ち主だった。

そしてドラムの樋口広大 も初だったが、派手さがなく堅実なブラシュワーク
が大変印象的だった。
いずれにしても日本にもホント素晴らしい若いミュージシャンが多い事を
再確認。

ただ、私がこの日のライブで一番楽しくノル事が出来たのは、、、?
最後のアンコールで演った、カウント・ベイシーのブルースだった!^_^)
以上、、、
メンバーの詳しい情報は⇒ ミュージシャン情報 をご覧あれ!




◎最後にちょっと余談だけど、、、
ジャズ・トロンボーニストで私が今すぐ思い出すのは、、、?
古くはデキシーのジャック・ティーガーデン、スゥイングのトミー・ドーシー、
グレン・ミラー、ベニー・グリーン、、、
そして近代のJ.J・ジョンソン、カーティス・フラー、バルブ・トロンボーンの
ボブ・ブルックマイヤーぐらいだろう。

低音部楽器であまり派手さはないが、なかなか格好良い音色、、、!
格好いい、と云えば今思い出したのが私がまだ子供だった頃、、、
今は亡き父が、酒を飲んだら決まってトロンボーンの吹き真似、つまり、、
今流に云えば、エア・ギタリストならぬエア・トロンボニストだった事!^_^)

あの時代たしか昭和24,5年頃、父は42,3歳の筈だが、、、
本物のトロンボーン演奏を見たりするチャンスは無かった筈だけど? 
何故その真似を、、、?

多分、街のチンドン屋の演奏を見たり聴いたりしたんだろうな~?
父は、奏者がピストンをスライドさせる恰好が好きだった様で、酔うと必ず
そのスライドする手真似をやってのを思い出してしまった、、、!涙)


◎関連拙ブログ、
本文記事左側INDEX欄、 ※“趣味の音楽関連”から、
(1)ブログ“音を楽しむ徒然語り” その1 以降のシリーズと、
(2)HPの  “Modern Jazz LP Collection” も併せご覧下さい。

« ジャズ喫茶 「GOOD BAIT」 | トップページ | 東北は日本人の心の故里か? 「壬生義士伝」から。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャズ喫茶 「GOOD BAIT」 | トップページ | 東北は日本人の心の故里か? 「壬生義士伝」から。 »