フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 『グラン・トリノ』 | トップページ | 「佐々木優花(fl) with ルー・タバキン(fl)」 »

2015年10月 1日 (木)

「宮本直介カルテット」

昨9月30日夜、、、 またいつものジャズ・ライブハウス“Mr.Kenny's”  へ!
この日の出し物は、、、「宮本直介カルテット」

Kbl1y
日本のジャズベーシストの古くからの重鎮・宮本直介 のケニーズ登場は、
2014年12月11日 に引き続き二回目。
この人は関西からはほとんど出ることがないらしいから貴重なライブだ!

今回は前回も共演した 広瀬未来 (tp)がバンマスで、サイドは前回の
塩本 彰(gt) に変わって 河村英樹 (t.sax)、そして前回はドラムレスのトリオ
だったが、今回は 倉田大輔 (dms) が入ったカルテットと云う構成。

Photo_2前回のトリオの時もそうだったが、今回はドラムが
加わって、その更なるインタープレイがGood!
ペット、サックス、ベース、それにドラムが絡み合い、
自由奔放気ままに、そして力強く演奏するのに
聴き入ってしまった。

しかも、2st.共に演奏曲の殆どが私が好きなスタンダードばかりだったし!
四人のスリリングなコンビネーション・インタープレイ を充分堪能!

それにしても御大 宮本直介 のウッド・ベースはいつ聴いても素晴らしい!
とてもじゃないけど、79歳のジィー様には見えないな~!^_^)

ただ、昨夜の場合、最初いつものウッドの♪ズーン、ズーン♪と響く
重低音があまり聴こえなくて、何となくハイが持ち上がった様な?
キーン、キーンと響くように感じたのは私だけだったのか?

ステージから一番遠い席で聴いてたので良く見えなかったが、ウッドの
本体共鳴胴に電線コードらしきモノが見えたが、あれはアコースティック
楽器用ピックアップを、共鳴胴裏に張付けていた様だった?

その所為だったのかな~?
外部マイクによる間接集音より、ハイが持ち上がった様に聴こえたのは?
それとも単にアンプのトーン・バランス調整の所為だった?
その後、自然にそんな違和感は減少したけど、、、、?

広瀬未来 (tp)は既に数回聴いてる。いつもながらのスリリングで巧みな
ハイ・トーン演奏がGood!
河村英樹 (t.sax) 、この人は昨夜初めて聴いたけど、、ソニー・ロリンズの
様な図太い低音が魅力的。ロリンズの♪Oleo♪を聴いたから、そう感じた
のかな~?^_^)
倉田大輔 (dms)この若いドラマーも既に何回も聴いた実力派ドラマー!

◎最後に、、、
やっぱり実力派プレーヤーによる生ジャズを聴くと一晩中興奮するな~!

コメント

« 『グラン・トリノ』 | トップページ | 「佐々木優花(fl) with ルー・タバキン(fl)」 »