フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 『御嶽山 噴火!』 | トップページ | 長崎くんち »

2014年10月 3日 (金)

子供の育て方

初めに、、、
御嶽山 の噴火で死亡確認された人は昨10月2日(木)22時現在で47人、、、
そして他にも十数人? 以上の行方と安否不明者がいる可能性も?
遂に1991年の長崎 雲仙の 普賢岳 の爆発での44人死亡・行方不明を
上回って、戦後最大の山の事故となってしまった!
ここに、、、『謹んで犠牲者の冥福を祈ります!』


テレビでは連日、犠牲者の家族の悲痛な嘆きの様子が伝えられているが、
中でも、我が子を亡くした親御さんの悲しみの言葉が胸を打つ!
『親の俺より先に逝くなんて、、、この親不孝者めがッ!』、、、
それは、、、子を思う親の気持ちが永遠であり、純粋そのものだからこそ!
そして我が子が幾つになっても親から見たら可愛い子供、って事だから!

かと思えば、、、
近年、親による我が子への虐待や子殺し、また逆に子供による親殺し!
こんな考えられない悲惨な事件が増えている様な、、、?
昔はこんな事件は、それほど多くはなかった? と記憶しているけど、、、?

ちょっと前の佐世保市での女子高生による同級生殺害事件は、、、
あまりにも猟奇的で例外的な事件とは思うが、、、
先日来の北海道での同じく女子高生による母親と祖母の二人を殺した
事件など、、、報道によると女の子の言い分として、、、
家庭での母親と祖母による 厳し過ぎるしつけ に耐えられなかった?、、、
また幼少時に虐待も受けていた、、、とか、、、?

ことの真相は知る由もないが、もし報道されてるとおりだとすれば、、、
この子の父親や祖父は居ないのか? たまたま居なかったのか?
その辺りも何か、深く関係している様な、、、?
 
また、この事件を受けて世論は、殺された母親と祖母への同情よりも、、、
どちらかと云えば、加害者の女の子への同情の方が多い様な感じ!?

たしかに世の中には、子供を生んだり育てたりする資格を疑うような、
とんもない親が居るのも事実だけど、、、しかし、、、
一般論で云えば、冒頭書いた様に、子を思う親の気持ちは純粋そのもの!
だから、何事も 子供に良かれ! この子の将来の為に!、、、
、と、、、そんな思いで幼少の頃から育てている筈なんだ!
この事件の被害者である母親や祖母も、決して娘が憎くて厳しいしつけを
していたのではない、、、と信じたい! どこで歯車が狂ったのか?

子供もやがて大人になっていくが、前記したように我が子が幾つに
なっても、親から見たら子供は子供、、って事なので、ついつい小言の
一つも云いたくなる。
もちろん、大人になった我が子からみたら、うっとおしい親だろうけど!


近年は、、、
“子供は叱るよりも褒めて育てるのが良し”、とされているのが、、、
72歳の爺ィーの私には、どうしても理解できない! 分からない!
我が子を直接褒め称える最近の若い親を見てたら、、、
『バッカ じゃ~ないの!』、っと思ってしまう。

さらに、最近の親、特に母親は我が子と友達の様な関係を望んでる様で、
これまた私には理解できない?
そんな母親は子離れ出来ないので、結果的に子供に悪影響を与えている。

しかし、もろもろ考えたら、たしかに 子育て、子供の教育は大変難しい!
決して他人事ではない! 親が思った様にはいかない!、、、
今や既に40歳代のいい歳になった我が娘、息子に対して、、、
『あぁ~、この子達が小さかったあの頃に、こうしてやれば良かった!』、、
、とか今さら遅いけど、、、70歳過ぎてからそんな事を考える時もある。

正直言って私はあまり小さな子供が好きではないので、、、
世の父親の様に、イチャイチャした可愛がり方をした覚えがない!
その辺り、、、肝心な我が子は今、自分の子供(私の孫)が出来て、、、
どの様に考えているのかな~?

たしかに世の中は我々年代が育った環境と、現在の環境は大きく
様変わりしているので一概には言えないと思うけど、、、
それでも親子の関係はどんなに世の中が変わろうとも、、、
文化風習が違う外国だろうと、、、永遠に不滅のはず! だから、、、?
“老いては子に従え”、、、じゃ~なかった、、、
“老いても子は従え” 、、、って言いたいのだッ!^_^)

コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 『御嶽山 噴火!』 | トップページ | 長崎くんち »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。