フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« あぁ~忙しや! | トップページ | 輪廻転生 »

2014年9月 4日 (木)

「末は博士か大臣か?」

「末は博士か大臣か?」、、、 Hakase_or_daijin最近はあまり聞かれなくなった言葉だけど、、、?
つまり、昔は子供に対して将来大人になったら、何かの専門家、
つまり博士にでもなって世の中に貢献しろ!、、、とか、

あるいは政治家になって、世のため人の為に尽くせ!
そして政治家になったからには大臣、そして総理大臣まで登りつめろ、、、
、って親が子供の将来に期待? 或いは激励する言葉だった様な?
幸か不幸か? 私の両親はそんな事は一言も云わなかったけど、、、
最初から諦めてたのかな~?^_^)

◎そこで先ず、博士、、、
今ではそこら辺に石を投げたら当たるぐらい博士は増えている!
そして今では博士号を持ってても職にあぶれる多難な時代、、、、、
さらに、中にはその実力を疑うような怪しげな博士もいるし、その道では
専門家でもいわゆる学者バカ的な、非常識な言動をする博士も多い。

現在問題になっている例のSTAP細胞の件などでも見られる、科学者たち
の一般社会では通用しない様な言動! 
さらに、例の小保方事件の 理研=利権 と思わせる様な?、、、
密室の中での金と名誉欲にまみれたイカサマ博士達も多そうだ!?

「小保方事件」の背後で、魑魅魍魎(チミモウリョウ)的な、訳の分からない
何かが暗躍している様な気もするしな~!

◎そして、大臣、、、
大臣になると、政務秘書や他に多くのスタッフが付く! そして朝から
自宅に運転手付の車が迎えに来る、それにSP なども付いて、、、
正に 殿様気分になれるらしい?

 
国会議員はSPを連れて地元入りするのが夢だとも云われるぐらいだから、
大臣の椅子が欲しくて欲しくて、たまらないんだろうな~?

今回の内閣改造で、マスゴミの報道によれば「入閣待機組」から不満噴出
いわゆる大臣適齢期(待機組)、当選 5回以上の者が数十人いるとか、、?
その人達にポストを与えるための交代? そんな自民党内の不満分子の
ガス抜きの為の大臣交代? もしそれが本当なら、、、
何をか言わんや! 安倍さんもご苦労な事だな!

そんなに大臣になりたいか?

そりゃ~今じゃ博士よりも大臣の方が甘い汁を吸えるだろうしな~!
しかし、首相の専権事項である内閣人事、これに対して自分が大臣に
成れなかった!、って事でそれを不満に思ったり、、、
そんな仲間が寄ってたかって反乱を起こす、、、、
そんな事が事実なら真っこと嘆かわしい! 大人げない!
まるで子供の欲しい物ねだり! それが叶わなかったらダダこねる!

首相の専権事項と云えば、、、、
安倍総理が石破元幹事長に対して、新設の 安全保障法制担当相 への
誘い? をしたが石破がそれを固辞?、、、スッタモンダしたあげく、
石破はラジオで幹事長続投を希望する旨の人事介入発言!、、、、
これが災いして?、結局、これまた新設の 地方創生担当相 に就任する
事で一件落着。 
結局、マスゴミがこぞって書き立てる安倍さんの石破降ろしだったのか?

それはそうと、、、
昨夜からテレビでは、さっそく各野党党首がハンコで押した様に安倍改造
内閣を批判! なんで批判の為の批判を繰り返すのか?
もう少し建設的なコメントは来ないのか?
ある政治評論家が語っていたが、、、野党として自民党との対立軸だけを
声高に叫ばずに、将来の日本の向かう道として、自民党にはない野党
としての独自のビジョンを掲げられないのか? 全くそのと~り!

毎度毎度バカの一つ覚えみたいに安倍内閣批判一辺倒、、、!
こんなんだったら、もう二大政党なんて必要なし! 自民党の一党独裁を
続けた方がよほど日本の為になる。

◎そして今時の子供達は、、、
博士にも大臣にも興味なし! サッカー選手、野球選手、あるいは
お笑いなどタレント芸能人になりたい! と思ってる様で、、、
早く云えば、たくさんお金を稼ぎたい?、って事らしい!

とある調査によると、、、、
「公務員」になりたい! と云う中高生が多いとか?
そして、その理由は安定しているから、とか、子供らしくないね~!^_^)

コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« あぁ~忙しや! | トップページ | 輪廻転生 »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。