フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 中村誠一Quartet & Vocal:紗理 | トップページ | 刈谷市、洲原公園散策 »

2014年9月19日 (金)

セクハラとは?

一昨17日のニュースで、またもや“セクハラ”として騒いでいる問題!

以前、この中の ◎都議会で少子高齢化対策に関する女性議員の
発言に対するセクハラ発言!
、でも書いたけど、、、

  よく若くて独身の女性議員や著名な独身女史が、 男性による
     『早く結婚せろ! 子供を生んでみろ!』、的なオヤジ発言を
  セクハラだ! と騒ぐが、これは独身女が偉そうに少子高齢化
  問題を語るのがオヤジ達としては納得いかない!
って事なの!
  普段はチャラチャラ独身生活を謳歌してるクセに! また、、、
    子供がいる主婦議員の発言だったら、まだ説得力も有るし
   納得もできるが!
、、、って事なの!
    ただ議会中に、ある議員の発言中のヤジは何にせよ良くないが!

Shiomuraayaka_4

この時の都議会女性議員とは、塩村あやか、って
云う今年36歳の独身女!
この件の後、彼女は何故か?わざわざ日本外国
特派員協会で会見したりして、結果的に単細胞の
外人記者の同情をかって、結果的に日本の評判を
落としたり、、、!
私ャー、『調子に乗るなッ! いい加減にしろッ!』
、と云いたかった。

冒頭の先17日のニュースとは? 東京都議会の超党派でつくる
「男女共同参画社会推進議員連盟」の会長を務める野島善司都議
(65=自民)が、16日の総会後の取材に、、、
「結婚したらどうだ、というのは僕だって言う、平場ではね!」、と発言した
ことに対して、17日、第3定例議会が開会した都議会に波紋を広げた。
なんで これしきの事で都議会が騒ぐのか? とも思うが、、、

件の塩村都議は都議会終了後、取材に応じ 「平場だろうがなかろうが、
セクハラと受け取られることは言ってはだめという認識が広がっていた。
驚いた、残念というしかない」 と不快感を示した。

野島都議は、先の都議会でのヤジ発言は批判しつつ、、、
しかし平場、つまり日常の一般的会話の中では、、、
“僕だって言う”こともある、、、と正直に話している。
しかし件の塩村あやか都議は、それでもセクハラ発言、と受け止めている
ところが問題!
何で それだけの発言がセクハラになるのか?何で不快感を抱くのか?

意地悪な見方をすれば、、、

(ひょっとして、こんな類の女(塩村議員に限らず)は、結婚願望があるけど
結婚できない? あるいは彼氏がいない? だから僻んでいる内心を
カモフラージュするために“セクハラ”発言、、、と騒いでいるのでは?
あるいは、塩村議員は人気取り、メディアに注目されたい、そんな魂胆が
有ったのか?)

、、、と、疑いたくなる!


◎最近の世の中の風潮は、、、

上記のようなチョットした世間話的な、オジサン達の単なる小話、
雑談的な話に対して、やれ女性への侮辱だ!、とか“セクハラ”だ!、、
と騒ぎ立てるが、、、
こんなんだったら、もう何も言えない! 恋愛、結婚、子供、などに関する
ワードで女、特に若い女性と世間話は一切出来ない、って事になる!


◎そう云えば思い出したことがある、、、

10年以上も前の香港在住時代、いつものようにある日曜日の ハイキング
の後、バス停でバスを待ってる間、ハイク仲間の若夫婦に、、、
『まだ子供さんは出来ないの?』、と私が何気なく話しかけたら、、、
途端に奥さんが チョー不愉快そうな顔をした!
その時私は、彼女は何が不愉快だったのか?意味が分からなかった!

それから二、三日後、その旦那さんの方から電話があって私と二人で
会いたい、、、と云ってきた。
会って話を聞いたら 『もうあんな事は二度と女房に云わないでくれ!』、
、、、と!

その時の 私は ただただ唖然! つまり彼は私のセクハラ発言! だと!
ただの世間話的な 『まだ子供さんは出来ないの?』 の、たった一言が、、、
何故彼の 奥さんの心をそれほどまでに傷つけたのか?
何故 それがセクハラになるのか??
因みにこの後、この若夫婦は二度とハイキングに参加しなくなった。
“勝手にしゃ~がれッ! と、私ャー内心思ったものだ!^_^)

後日、私の“連れ合い”曰く、、、
『子供が欲しいけど、なかなか妊娠しない悩みが有ったのでは?』、、、
そんな事は私は知らないし、知ろうとも思わない! 
何故あの時、件の奥さんは、、、
『え々~、子供は欲しいけど、なかなか出来ないんですよね~!』、
、と笑って軽く云ってくれれば、こちらもそれ以上、、、
『何故出来ないのか? まだ出来ないのか?』、などクドクドと野暮な事は
云わないのに! アホかッ!


◎話を戻して、、、

上記の 塩村あやか議員に限らず、この最近のセクハラ発言問題は、
私にはどう考えても理解できない???
なぜ最近の女どもは、男のこんな雑談を 軽く受け止めたり、聞き流す、
、ことが出来ないのか?

同じ女でも内の“連れ合い”なんぞは、、、
『そんな女は世間知らずで、ただの頭デッカチ女なのよ!』、、、
、と、同性なのに一刀両断!^_^)
また、この様に、何でもかんでもセクハラだ! と騒ぎ立てる女に対して、
考えようによっては “逆セクハラ” と云えないこともない!
そして、、、
同じ女でも、内の“連れ合い”のように特に多くの年配女性達は、
今のこんな風潮に疑問を抱いてるのではないかな~?

女性がその権利を主張するのは良いさ! 私ャー何も古い日本の昔から
の習慣、しきたり、つまり男尊女卑的な、あるいは女は家に居て、
黙って家事と子育てをやれば良い、な~んて思ってもいない。
安倍首相じゃないけど、能力ある女性は大いに社会進出して活躍すれば
良い!、、、しかしこの話と、件のセクハラの話は別!

私がいくらこんな自分の思いを書いたり、語ったりしても、、、
女達から 『この人は “セクハラも理解していない昔ながらのオッサン”』 と、
思われるだろう事は既に承知しているから、、、
最近は、“女に対して、うかつに軽口も云えない、云うまい!”、と、、、
、と自覚自重しているが、、、時々ついつい云ったりして!^_^)
、、、ったくイヤな世の中になったもんだ!

コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 中村誠一Quartet & Vocal:紗理 | トップページ | 刈谷市、洲原公園散策 »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。