フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 日本人の“へりくだり” | トップページ | 禁煙宣言 »

2014年3月26日 (水)

バップ・ジャズに酔いしれた!

各地の桜が開花した! ってニュースでは聞いたが、うちの庭の桜は未だ開花せず!?

72歳の誕生日前日24日夜,久しぶりに行きつけのジャズ・ライブハウスへ!
20140324kennys

先24日夜のライブは、昨2013年10月29日に同店で行われたレコーディング・セッション、、、、、
『~ケニードーハムに捧ぐ、レコーディングセッション~、
 岡崎好朗-ジェイ・トーマスQuintet』
のCDが完成、その発売記念ライブ
だった!

名付けて、、、
『岡崎好朗・ジェイトーマスQuintet
CD "Soul Summit Live at Mr.Kenny's"発売記念ライブ』
20140324kennys2

ケニー・ドーハムの作品を中心に 『ソウル サミット』 は、
彼に縁のある8曲をライブ・レコーディングしたアルバム。
先夜の出演者は当然レコーディング・セッションの時と
同じメンバーで、、、
岡崎好朗 (trumpet)、ジェイ・トーマス(trumpet) 他、リズム・セクションは、
水野修平(p) 島田剛(b) 倉田大輔(dms) と、主に東海地方で活躍している
プロ・ミュージシャン達。

◎ここで岡崎好朗(trumpet)、ジェイ・トーマス(trumpet)、を紹介、、、
関連サイト によると、現在日本とアメリカ、ワールドワイドに活躍している2人の有名トランペッター。(岡崎好郎は上のリンクを参照)
特に Jay Thomas (ジェイ・トーマス,tp) は、トランペット、フリュ-ゲル
ホーン、サックスにフルートまでを完璧にこなす、世界に類を見ないマルチプレイヤーで、1949年米国シアトル生まれ。その経歴を見ると 、、、

アート・ブレイキー やクリフォード・ブラウン、マイルス・デイビスといった、
50年代の バップ全盛期 のジャズ・スター達を聴いて育ったらしいから、
先日の演奏も自ずから彼の音楽は バップ そのものだった。
本国アメリカでは、エルビン・ジョーンズ、ソニー・スティット、ジミー・ギャリ
ソン、その他大勢の有名ジャズメン達との共演歴を誇っている。

また、日本との関係は1986年、故松本英彦のゲストプレイヤーとして
初来日し、1998年よりCUGジャズ・オーケストラのメイン・ソリストとして
たびたび来日している。
名古屋に来た時は必ず上記ライブ・ハウスで演奏!

先24日夜のステージでも、岡崎好朗との2トランペットで、ユニゾン有り、
コーラス、ハーモニー有り、の白熱した50年代のバップスタイル・ジャズの
演奏を聴かせてくれた!

その先日のチョイ聴きをどうぞ!
http://www.youtube.com/watch?v=TTjGPylPLCQ

◎ここでレコーディング・セッションのタイトルとなったケニー・ドーハム、
とは?

私が唯一持っている大好きな 『Quiet Kenny Dorham』(静かなるケニー)の
ジャケット、、、Quiet_kenny_dorham_3
メンバーが、 Kenny Dorham(tp)、Tommy Flanagan(p)、
Paul Chambers(b)、 Arthur Taylor(ds)
曲目が、1.Lotus Blossom(蓮の花)、他7曲。


ケニードーハム
は派手なテクニックではなく、マイルスはじめ、他の多くの
有名トランペツターとも違う独特の演奏スタイルだが、その実力は抜群で、
ビ・バップ時代から数多くのセッションに参加している事からも分かる。

年齢的に後輩のドナルド・バード、リー・モーガン、フレディ・ハバードの方が
有名になったが、50年代も終わろうとしたときに彼の終生の傑作が
生まれた。それが上記の 『Quiet Kenny Dorham』 なのだ!

チョット聴いてみて!
http://www.youtube.com/watch?v=p1Vil9TRd1M

◎とにかく先夜のライブは久しぶりにバップに酔いしれた一夜だった!
上記のライブ・ハウスも普段は主に新しいスタイル、フュージョン系ジャズが
多いので、たまにはこんな昔のスタイルのジャズが私の様な年寄りには
ピッタシなのだッ!

◎参考サイト
ビ・バップ
ハード・バップ
(本文左側の※“趣味の音楽関連”)から、、、
最近聴いてる音楽
音を楽しむ徒然語り”、その1 

コメントを見たり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 日本人の“へりくだり” | トップページ | 禁煙宣言 »