フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« ソチよりコッチだろう! | トップページ | 40~50歳代は? »

2014年2月23日 (日)

巨人、石川、浅田真央

昔、昭和30年頃、 巨人、大鵬、卵焼き と、“子供や大衆に人気のあるものの代名詞” として云われていたが、、、、、
今はさしずめ私は 巨人、石川、浅田真央、とでも云いたい!
何故ならば、、、、、

先ず、巨人 は昔と同じく、、、、、
相変わらずプロ野球では巨人 (読売ジャイアンツ) ファンが圧倒的に多い。
その理由はテレビの実況中継が全国的で、その放送時間も他球団より
多いから、否が応でも巨人ファンが増えるのは当然だろう!

次に、大鵬 は云わずと知れた大相撲の大横綱大鵬、、、、、
日本が高度経済成長期、入門後短期間で横綱まで昇進、一時期は他を
寄せ付けない圧当的な強さを誇ったスーパー・スター横綱だった、、、
、、、が昨年72歳で惜しくも他界!

最後の 卵焼き は、、、
昔、卵は病気になった時ぐらいしか食べれなかった貴重品、高額品、そして
贅沢品だった。
だからこそ特に子供たちにとっては大好きで憧れの一品だった。
弁当のおかずに厚焼き玉子などが入れば、豪華な高級弁当だった。

それでは、何故今は 大鵬が石川 で、卵焼きが浅田真央 なのか?
先ず石川とは?、、、
プロゴルファーの石川 遼。ニックネーム「ハニカミ王子」で颯爽デビュー!
ツアー世界最年少優勝、日本での最年少賞金王記録保持者、、、、、
しかし、最近の全米マスターズでは予選落ちが多く、プロデビューの頃
よりも活躍していないし、だから以前の様な精彩もない!

因みに昨年の成績は、世界ランキングでは 松山英樹 が33位、石川遼は
158位、と松山が石川を大きくリードしている。
かように同じ歳の 松山英樹 の方が石川 遼より好成績を残しているのに、
メディアは相変わらず石川 遼の事ばかり取り上げるし、だから石川の方が
ファンも多い!

ネット上でも松山英樹は、クラブセッティングやスイングなどゴルフに関する
ワード検索が上位にランク。しかし石川 遼は、そのルックスや髪型、など
ゴルフとは直接関係ないワードが目立つ、、、と云われている様だ。

※とにかくメディアは、その実力よりも、ルックスの良い方ばかりを
追っかけ、報道するのが気に喰わない!
女性ゴルファーの報道を見れば一目瞭然だろう!  例えば“不動裕理”
さんなんて、トーナメント成績ではたえず上位なのに、彼女に失礼かも
知れないが、そのルックスの所為か? 、メディアはあまり取り上げようとしない?


◎次に 浅田真央、今回のソチ五輪での悪かった成績 、、、
にも関わらず、試合終了後もテレビ各局は彼女の特集番組を設けて、
大々的に取り上げ、ウンザリするほど毎日毎日放送している。
マスゴミ、メディアはこぞって 浅田真央の好感度イメージ・シナリオ創り
をやってる様にしか思えない!?
何故、もう少し他の競技でメダルを取った選手達の事を取り上げ、
報道しないのか?


ここで誤解の無いように、、、
私は特に浅田真央のファンでもないし、嫌いとか、でもない!
ただ、彼女の演技に対しては、以下の様なイメージは以前から持っていた。
悪口みたいだけど、そんなつもりはゼンゼンない。素人の単なる感想!

(1)フィギュア・スケーターとしての踊りが幾つになっても子供っぽくにしか
  見えない。
 
 
(2)フィギュアはスポーツと同時に、感性芸術性を重んじる氷上ダンス
  だろう!
  その意味で浅田のダンスは韓国のキム・ヨナやイタリアのC・コストナー
  等と比較して、成熟した大人の魅力に乏しい!
(3)報道取材に対して、その受け答えが毎回あまりにも優等生的。
  なぜ、もっと自分の本心感情を直接口にしないのか?協会の指導か?
  (他の選手も似た様なものだが、浅田選手の場合は特にシナリオ的な
   受け答え、って感じるのは私だけだろうか?)

ところで、、、
森 元首相の「あの娘、大事なときには必ず転ぶんだよね!」 発言に
対して、早速メディアは、浅田真央選手への放言だ、暴言だ!
日の丸を背負って出場する重圧のなか戦う選手たちにとって、
なんと無神経な言葉だろうか、、、などとブーイング!

しかし、実は私も 「浅田真央は大事なときには必ず転ぶんだ!」
思っていたので、森 元首相を責める気にはならない!
メディアが試合前に毎回必ず強調する「公開練習では何回もジャンプを
成功させていた!」、って言い方。
本番で出来なかったら意味ないじゃん!、と毎回思ってたし、事実五輪
以外の国際試合でも毎回の様に大事な本番で彼女は 3回転ジャンプを
失敗しているではないかッ!

今回、SPではガチガチになってまさかの低得点。翌日のフリーの演技で
何とか盛り返したが結局 6位で終わって、結果的にはメダルには
届かなかった!
今大会を振り返っての彼女の言葉、上記(3)に書いたように、
「今まで支えてくれた人に恩返ししようと思って演技しました」、、、と。

この発言を聞いて、ケチを付ける気もないし、彼女の云わんとする事は
素直に聞いてて良~く分かるけど、、、
恩返しなんて考える必要なし、アスリートはただ自分の為に戦うべき
なのだッ!

何故、いつも優等生的な答弁をするのか? ノルディックスキー・ジャンプ
男子ラージヒルで銀、団体で銅メダルに輝いた41歳、葛西選手の様に、
自分の次の目標を立てて、自分の為に進むべきなのに!

浅田選手は皆から愛される選手かも知れないが、ハッキリ云わせて貰えば
「勝負師」ではなかった。
つまり金メダルの期待がかかる中で、そのプレッシャーに耐えうる強さを
彼女は持っていなかった。

試合前のマスゴミ、メディアは、有力選手に対してメダルを期待、
さんざん盛り上げプレッシャーを掛けてるクセに、、、
いざ期待どおりの成績を挙げなかった選手は無視、、、!

しかし、こと浅田真央に関しては、メダルが取れなくても、成績が
悪かっても、「彼女の言葉は、結果だけがすべてではない、
スポーツの素晴らしさを伝え、胸に響く、感動した!」、などと
何故か好意的な報道しかしないし、そしてそんなメディアのシナリオ、
脚本? に乗せられた巷の一般庶民の声も彼女に好意的、同情的!

※以上、"石川 遼"報道にしろ、"浅田真央"報道にしろ、彼らのアスリート
としての成績には関係なく、偏った報道をするマスゴミ、メディアに
私は我慢できないのだッ!  もちろん本人たちに罪はないけど!


【独り言】
スポーツ嫌いのクセに、よくスポーツ関連の記事を書くよな~(^_^)
五輪招致の疑問
これでいいのだ!
柔道、サッカー、ブラジル人 
スポーツ馬鹿! 
スポーツ嫌いの柔道評
スポーツ嫌いのサッカー評
オリンピックもろもろ 

コメントを見たり、書いたりは こちら からどうぞ!

« ソチよりコッチだろう! | トップページ | 40~50歳代は? »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。