フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 懐かしの映画(23)『ヒッチコック特集』 | トップページ | 車内での携帯電話 »

2013年9月30日 (月)

郷に入らば郷に従え!

せっかく “懐かしの映画” シリーズを良い気持ちで書いてたけど、、、!
また以前、あまり怒ったり興奮しない様に! とのご親切なアドバイスも受けた事も有ったけど、、、!

最近のニュースでチョット面白い話があったので、ついつい書かずにはおれなくなったッ!、、
、と云うのはニュージーランドのマオリ族の人が、日本観光で入れ墨が原因で温泉入浴を拒否された! って話。

この話、賛否両論、いろんな意見が飛び交ってるが、私に云わせりゃ~
ただ一言!
『郷に入らば郷に従え!』  ゴチャゴチャ云う必要なしッ!

◎、と云いながら、ゴチャゴチャ云わせて貰うけど、、、
新聞で読んだけど、次のようなバカ発言する自称国際人が居る。
『マオリの入れ墨は彼らの伝統文化で、日本のヤクザやDQNの入れ墨と異なる。だからこの件は日本の国際的な認識不足で恥ずかしい事だ!』、、、と。

541656c3私に云わせりゃ~、『なら聞くけど、早い話、、、
←この写真の様なオッサンかオバサンか知らんけど?が、
アンタが浸かっている浴槽に入ってきたらイヤだろう!
キモイだろう! それでも一緒に入浴するかね?』

また、『東京五輪では外国から同じような入れ墨をした選手がたくさん来る。 日本人は自分たちと異なる伝統に思いやりを持っべきだ!』、とかぬかして一見分かったような事を
云うアホも居る。
つまり低次元の国際感覚! このセリフ、ソックリそのまま返してやる!
『何で東京が彼らの習慣に合せなきゃ~ならんのだ? それより自分たちと異なる伝統や習慣の国に来ている、って事を分からせろッ!』、となる。

また、偏見だとか人種差別だ、とかのバカ、アホ発言もある。しかし、、、
これは偏見でも人種差別でもない、日本の習慣なのだ!

◎それでも、どうしても温泉に入りたい、って云うんだったら、、、
日本人ガイドがあらかじめ旅館、ホテルなど温泉提供側とネゴをして、
他のお客が入浴しない時間帯とか、個室の温泉が有ればそれを利用させるとか、、、それでも温泉提供側から断られたらアッサリ諦めるべし!

とにかく、日本の大衆共同浴場はそれなりのルールが有る!
、って事を外人に分からせるべき。
だから 『郷に入らば郷に従え!』 、って事になるのッ!


◎ちょっと話はずれるけど、、、

67_678abd74ae_jpg←昔、初めてあそこに行った時はショックだったよッ!^_^)

日本人は、、、あの国の例の川を “聖なる河” とか
云って、ミソもクソも、ショーベンも、何でもかんでも一緒たくに流れている川で、平気で水浴びする人種とは根本的に
違うんだッ!
つまり、彫り物をした身体が非衛生的とは云わないが、そんなものと一緒に同じ浴槽には入りたくないのッ!

◎私ャー常日頃から思ってたが、、、
日本人は、何故外人に擦り寄るのか? 何故外人に弱いのか?
(やっぱり 外人コンプレックス なんだろうね)!
何故ここまで外人の習慣に合せようとするのか?
日本人はもっと 自信を持って、声を大にして 自国の文化風習
を世界に発信すべきッ!

日本人はウドンをズルズル云わせながら食べるが、それを外人の前では
恥ずかしいからと、無理に音を出さないように食べるヤツ!
これなんかも文化を判っていない。
ウドンはズルズル云わせながら食べるもの、と外人に教えなきゃ-いけない。洋食のス-プとは違うんだからさ!

同じく外人が、にぎり寿司を食べる時に手掴みではなくて箸を使ったり、
箸はまぁ良いとしても中にはフォ-ク使ったりした場合も、ちゃんと正規の
食べ方を教えてやるべき。
外人だから、と変に思い遣るのではなく “日本食” なんだから!
(http://www.nurs.or.jp/~yide/diary/diary6.html 2006年10月26日 記抜粋) 

以上が出来てこそ初めて本当の “O-MO-TE-NA-SHI” なんだよッ!
判ったかッ? ジャジャ~ン!

関連記事⇒刺青、入れ墨、TATTOO

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 懐かしの映画(23)『ヒッチコック特集』 | トップページ | 車内での携帯電話 »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。