フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

“懐かしの映画”シリーズ

無料ブログはココログ

« 第三の火 | トップページ | 胃ガンになってしまった! »

2013年4月13日 (土)

ノドン か ウドンか?

ノドン か ウドンか? はたまたテンドン か オヤコドンか? 知らないけど
この数日、日米韓は北朝鮮のミサイル発射情報に振り回されている。

テレビをつければ例によって識者達が尤もらしく解説してみせているが、
結局のところは誰にも今後の予想は出来ないのがホンネだろう。
北の坊ちゃん将軍様は日米韓の慌てふためく様をゲーム感覚で楽しんでいるのかも?

我が自衛隊も都心に PAC3 を配備したり、日本海にイージス艦を配備したりしているが、これって本当に役に立つのだろうか?  PAC3 の命中率は90%とか云ってるけど? ホント?

以前、たしか2006年だったか? 北は複数ミサイルを撃ったが、今や軍事偵察衛星は高度数百キロから15~20センチ程度の判別機能があると云われているので、ミサイル発射ぐらいは即座に熱源探知するだろう。

そして瞬時に軌道計算してその落下地点予測も出来るのだろう。
しかし、たとえ米国や我が国の PAC3 やイージス艦の能力が優秀でも、
北のミサイルがポンコツで、その名のとおりウドンみたいにくねくねと、その軌道が計算どおりに飛ばなかったり、予測不能な飛び方をしたら撃ち落としたくても撃ち落とせない!、って事になるのでは?^_^)

2006年の時は、日本海にいたイ-ジス艦“こんごう”は何をしていたか?
ただ単にミサイルの情報収集や弾道追尾だけじゃなくて、迎撃しなくちゃ意味がなかったのに!
いくら専守防衛でも軌道追跡した挙句、日本に落ちると分ってから迎撃しても、時間的技術的に間に合うのか? 

たとえ日本に落ちなくても、ハイ何処そこに落ちました、って云うだけだったらイ-ジス艦は必要ない。
日本海のイカ釣り漁船が安心して漁が出来ない、って!、、、
イカ刺喰えなくなったらどうしてくれるッ!

結局、今回は北の脅しだけで終わりそうだけど、、、?

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 第三の火 | トップページ | 胃ガンになってしまった! »