フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

“懐かしの映画”シリーズ

無料ブログはココログ

« 桜、ついに満開! | トップページ | ニュース・キャスター »

2013年4月 2日 (火)

桜、ついに満開 その2

昨4月1日、連れ合いと一緒に近所の桜を見物がてらの散歩、、、!

私の家の近くには“明治用水緑道”、って呼ばれる小径がある。
そもそも“明治用水”とは?

Wikipedia によれば、、、
明治用水は、西三河南西部に農業用、工業用の水を供給する用水である。幕末・明治維新期に、全国に先駆けて測量・開削が行われた近代農業用水だったため、明治という元号を冠するエポックメイキングな命名がされた。
大正時代には、農業王国として、中原に位置する安城市が 「日本のデンマーク」 と称して教科書に掲載されるほど、画期的な成功を収めた。安城ヶ原の開発により、10万石以上の収量となった。(当時、岡崎藩が5万石)

愛知県豊田市にて矢作川から取水し安城市、豊田市、岡崎市、西尾市、碧南市、高浜市、刈谷市、知立市に水を供給している。
本流、西井筋、中井筋、東井筋の幹線と支線から成り、幹線は88km支線は342kmある。灌漑面積は約7000ヘクタール 、、、とか。


、でその“明治用水緑道”、ってのは、その用水を管路化し、その上部を自転車道や遊歩道とした小径の事。
実はこの自転車道や遊歩道が我が家の近く、あっこっちを通っている。
だから、そんな快適な遊歩道を歩く私の通常の散歩コースは、、、

名鉄新安城駅の近く、今池町の家から北東へ、、、名鉄、西尾線の東側を行き、同名古屋本線との間に広がる田んぼの農道を一周して帰る。
しかし、時には国道1号線、旧東海道を超え、さらに北上し、、、、最後は豊田市広美町の 三連水車 まで往復する事も有る。今の時期、コース途中は絶好の花見コース!

昨1日はその逆で、今池町3丁目から南へ向かうバス道路、途中篠目町方面に向かう入口に、『明治用水緑道、大道山せせらぎの小径』、ってのが有る。これを延々と行くと、ホタルを飼育している所や、その先には桜の名所も有るので、こちらも先の 三連水車 コースに劣らず、絶好の散歩コース。
Img_0024_3

結局、昨日は童子橋西の交差点から、その先の三河安城町まで歩いたので往復約7 ㎞ 程は歩いた事になる。
こうして見ると、我が家の近くは結構桜の綺麗な場所が多いな~!

◎写真集 写真集≪近所の桜.2013.4.1≫ をご覧ください。

◎参考資料⇒新安城付近図 

 昨年の花見散歩は⇒写真集≪近所の桜,2012.4.9~12≫

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 桜、ついに満開! | トップページ | ニュース・キャスター »