フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 雨の日に思う! | トップページ | ♪ここは地の果て アルジェリア♪ »

2013年1月19日 (土)

ネット環境が変ったけど!

最近、我が家のネット環境が変わった。現在のマンションに引っ越してきた2010年3月に、NTT西日本の 『フレッツ光プレミアム・マンションタイプ』 を契約してこれまで使ってきた。
しかし最近NTTは 光ネクスト、と云う新しいタイプに逐次切り替えている事も知ってはいたが、、、、、

我がマンションでも昨年10月頃にその 光ネクスト の説明会があって、NTTとしては新規の契約者を取るのが目的だったろうが、、、
説明を聞いた結果、こちらは単に 旧 光プレミアム から新しいタイプの 『フレッツ光ネクスト マンション・スーパーHS "隼"』 とやらに切り替え工事の申請をした。それがやっと今週になってその工事に来た、って訳だ。
もちろん新規登録でなく、切り替えるだけなので、その費用は無料!

そもそも、旧光プレミアム って~のは、光接続と云っても実際には光ファイバーそのものは、マンション1階の集合ターミナルまでしか来てなくて、そこから先の各階、各室内までは従来から既設されていたメタル・ケーブルでの電話配線を利用するものだった。

前記のNTT営業マンの説明では、、、
今回の 新光ネクスト では、初めて各階、各室内まで直接光ファイバーで配線される。そして同じマンション内の集合ターミナルの仕組み上、従来はアクセス集中時などに発生する接続時間ロス、伝送ロス、ノイズ等もあったが、今回の新しいシステムでは、そのような問題が解消されて、トータルとしてアクセス・スピードがアップします。
特に スーパーHS(High Speed)"隼"(はやぶさ) は、最大1Gbps (1,000 Mbps) となります! と結構な説明だったので切り替え申請をしたのだったが、、、?
この時内心では、今まですら 70~80Mbps なので、最大1Gbps と云うのは理論値でそんなに早くなるはずはない! と思っていたら、、、?

今週、いざ工事が始まって、、、、、
実はその前から密かに懸念していたのは、我が家の場合、元々の電話モジュラー・ジャックはリビングの小さなカウンター横の壁にある。
電話はそこで良しとしても、PC (パソコン) をそこで使う気は当初からなかったので、2010年3月に入居する直前の室内リフォーム工事で、電話線をリビングから延長して別の自分の部屋に電話モジュラー・ジャックを取り付けるよう依頼していた。
そこから自室内を電話ケーブルを這わせて、部屋の隅に設置したモデム(VDSL)~PC に接続するようにしていた。光電話親機も同じく、そして子機をリビングで使えるようにしていた。

しかし厳密にはリビングと自室の間は、洗面所/風呂場を経由しているので、入居前のリフォーム工事人は、リビングから自室までは電話線専用ダクトは使わずに、電話線だけを天井裏と壁の中を直接這わせていた様だ?

つまり、もともと電話線は玄関外側にある収納ボックスから専用ダクトを使ってリビングまでは配線されているが、そこから自室まで延長した部分は専用ダクトを使ってなかった、って事。

そして今回の切り替え工事で案の定、NTT工事のアンチャンは風呂場から天井裏内部を探ったり、いろいろ配線ルートを探すのに苦労していたが、どうしても光ファイバーを自室まで通すことが出来なかった!(涙)
結局、専用ダクトが通っているリビングの小カウンター横壁まで、つまり本来の電話モジュラー・ジャックがあるリビングまでしか光ファイバー線を通せなかった。予想どおり悪い予感が当たったのだ!

となると、ルーターも必然的にその小カウンターの壁にあるモジュラー・ジャックの傍にしか置けない事になる。今度の 光ネクスト 用ルータは、、、、、

以前の 光プレミアム の時は VDSL、 CTU、 VoIP、と三個のNTT機材が有って、さらに自分の 無線LAN まで入れると計4ヶもの機材を並べていたが、それなりに整理していたので見かけはそれほど雑然とはしていなかった。Pcnet_4
ところが、今度の 光ネクスト では ONU (ホーム・ゲートウェイ・ルータ) と呼ばれる前記 VDSL 等の機材より2倍ほど大きいルータ 1台で済むのは助かるが、上に書いたようにこれを自室のPCの傍でなく、リビングの小カウンターの電話モジュラー・ジャックの傍にしか置けなくなった訳だ! 

となると、必然的に 無線LAN もその側と云う事になって、結局小カウンター上に ONU、無線LAN の2台そして従来から置いていた光電話子機を並べた格好となってしまった。Onu

リビングの小さなカウンター上に、こんな不細工な機器を置きたくないし、さらに今度はここから無線LANで自分の部屋のPCまで飛ばすことになったので、結果的にアクセス・スピードも以前の 光プレミアム の時と同じ様な 70~80Mbps 程度しか出てない。
だから、元の様に全ての機材を自室のPCの傍に置いて、接続も無線でなくルーター直結にしたいッ!

(カミさんが使うPCには従来どおり自室から無線LANで!)
何の為に室内まで光ファイバーを引いたのか?

因みに、試験的に常用しているデスクトップ、モニター一体型PCのWin-7を、このリビングまで持って来て、無線LANを使わずに直接 ONU に繋いでみたら 500Mbps 程は出ていた。
(それでも、"隼"うたい文句の1Gbps の半分程度!

以前書いた⇒ 光インターネットと光電話 、ここでも書いたように、NTTの工事は必ず電話器の傍、電話モジュラー・ジャックの近くにPCを置く事を前提にしてしか工事をしない。
顧客は必ずしも電話ジャックの傍でPCを使うとは限らないだろうがッ!(怒)

現に同じマンション内で、多くの人が止む無く電話の傍でPCを使っている。私の様にNTTに相談したり、ましてはクレームする人は居ないようだ!?
しかし、NTTもこんなクレームを予想してか? 無線LANの有料貸し出しまでしている。実にセコイ! 私の場合は以前から自前で持ってたが!

今回も工事が終わった後、NTTのいろんな部署に電話で相談したが、ガンとして受け付けなかった。営業部署に云えば 『工事担当に云ってくれ!』、工事担当に云えば 『自分達は決められた作業しかしない!』、止む無く電話窓口に云えば 『お客様のご要望には残念ながら?』と、マニュアルどおりの答え、特に女の子の場合は話自体が通じない!(怒)

つまり彼らは室内電話配線の為の専用ダクトが通っている最初のモジュラー・ジャックまでしか配線工事をしない。それが従来のメタル・ケーブルだろうと光ファイバーだろうとだッ!
光ファイバーの場合は従来の専用ダクトで配線された、電話モジュラー・ジャックから最大5mまでしか延長できない、と云う。

この専用ダクト追加は別途工事費を払ってもやろうとしない! ダクト通しは自分達はしない、建築屋に云ってくれッ! と云う。
これでは新築ならいざ知らず、中途で電話を追加する事も先ず不可能!
だから従来のメタル・ケーブルだったら個人で室内配線をするしか方法は無い。しかし光ファイバーの場合は、専用工具も必要だし、コーナーでの折り曲げなども出来ないので個人作業は先ず無理!

そんなこんなで万事休す! 止む無く自分のPCはリビングから無線LAN経由で使っている。もう一度云いたい!
何の為に室内まで光ファイバーを引いたのか?

NTTは今や昔と違ってキャリア独占もないだろう? もう少し顧客の声に真摯に答える気はないのか?
このブログ記事をNTT西日本のクレーム担当に紹介しよう!

◎この件、後日この様に解決しました!⇒NTTにクレームしたら?

◎コメントを見たり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 雨の日に思う! | トップページ | ♪ここは地の果て アルジェリア♪ »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。