フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 人間の耳 | トップページ | 山中教授 »

2012年10月13日 (土)

秋の行楽

11日(木)、12日(金)の二日間、大阪の友達一家と秋の行楽を楽しんだ。

先ず11日午後から市内の “デンパーク” へ。ここは以前何回か行った事が有る市の南側、赤松町にある一年中綺麗な花満載の植物公園。正式名を 「安城産業文化公園 デンパーク」 と云う。大阪から来た友達一家は今回が初めて!

安城市はかつて「日本のデンマーク」と呼ばれるぐらい、全国の農業経営のモデルとなった土地。市内ほぼ全域に岡崎平野が広がり、明治以降、土地改良事業などが盛んに行われ、稲作、畑作、果樹、畜産などの多角形農業をすすめた安城市は、そこで世界の農業先進国であるデンマークにたとえられた。 このブログでも過去何回かそんな田園風景や記事を載せている。

Img_0005_2“デンパーク” は、そんな安城市の歴史をもとに、自然と親しみ花のある暮らしを提案する公園として1997年にオープンしたと云うからまだその歴史は浅い。「デンパーク」の名は、日本デンマークの「デン」、田園の「デン」、伝統の「デン」と公園の「パーク」を組み合わせた造語とか。

Img_0067_1今回、大阪の友達は、以前私が来た時 には有った巨大なオルゴ-ルを楽しみにしていたが、スタッフに尋ねたら1年以上前に既に返却されたとか? な~んだ借り物だったのか? とガッカリ!

                                                                                                      ◎次の日12日は朝9時に車で安城を出発、国道1号線から東名高速を経由して豊橋~浜名湖まで2時間強ほどのドライブ。浜名湖は以前、山の上から望んだ ことが有ったが、現地に行くのは今回が初めてだった。

Img_0027浜名湖は、静岡県浜松市と湖西市にまたがる湖で、静岡県西部に位置しており、南部は遠州灘に通じている。湖の面積としては日本で10番目の大きさ。ウナギなどの養殖が有名で、また名物でもある。湖の形が複雑で今回立ち寄ったのは最も遠州灘に面した海浜公園の釣り場付近。

そこからお次は太平洋に面した遠州灘沿いの潮見バイパスから国道42号線に入って渥美半島を一路伊良湖岬へと向かう。
伊良湖岬は以前、渥美半島の “大山” と云う低山にハイキングした帰路に初めて行ったので今回は二回目だったが友達一家は初めて!

浜名湖から2時間弱程かかって、午後1時半頃やっとこさ到着した伊良湖岬は相変わらず美しい佇まい。今日の海は若干波が高かったが、浜辺の傍のレストランで美味しい海の幸の昼食に舌鼓を打つ。

Img_0045その後、岬周辺の散策! 荒波に浮かぶ神島を左手に眺めながら、岬突端の灯台を一周して元の場所へ、、、、その後、小高い丘の上の白亜の殿堂“伊良湖ビュ-ホテル”まで。

Img_0052そこで真下の“恋路ヶ浜”を眺めながら午後のティー・タイム。先ほどあの浜の右手で昼食をとり、そして岬の先端を廻って来たのだ!

3時半を過ぎた頃から帰路につく。今度は渥美半島の北側、三河湾沿いの国道259号線を通って田原市~豊川~蒲郡~東名経由で安城市に帰り着いたのは既に日も落ちた6時半頃だった。大阪の友達一家とはここでお別れ! 彼らはそのまま大阪まで~! 大変お疲れ様でした。お陰様で結構な秋の行楽を楽しむ事が出来ました。

写真集≪秋の行楽≫ もご覧ください!

◎コメントを見たり、書いたりはこちらからどうぞ!

« 人間の耳 | トップページ | 山中教授 »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。