フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« スポーツ馬鹿!  | トップページ | 8月9日,午前11時2分 »

2012年8月 6日 (月)

柔道、サッカー、ブラジル人

ブラジルにとってのサッカーと、日本にとっての柔道は、どちらも 「お家芸」 と云われていて “勝って当然” とそれぞれの国民は思っている。思うのは勝手だが、勝負の世界の現実はそうはいかない!

「お家芸」 と云っても、日本は “柔道” には強くても “JUDO” では勝てない。それはあまりにも日本式 “柔道” にこだわってるからだ。つまり “JUDO” に勝つための戦略がない、戦略を立てようとしない。

男子が金メダルを取れなかった事についての分析やら何やら、、、私は連盟関係者、専門家の話を聞いてて、、、彼らが如何に外人選手の特徴やその勝負に対する考え方、ずる賢い戦略 について何も分かってないな~!、って事を素人ながら強く感じた。そして相も変わらず “柔道”=“JUDO” と思っている。だから JUDO大会には参加するな、って以前書いたのだけど、、、!^_^)

その点、「なでしこ」 は先日の対南ア戦では例え無気力試合だ、観客に失礼だ、との批判は有っても、スケジュールを考え移動による選手の疲れを考慮して敢えて 0-0 引分けを選んだのは、強豪ブラジルに対する 勝つための戦略 だった!、とすればこちらの方が日本柔道連盟より遥かに利口だったのでは!? そして見事に勝ってしまった!

サッカーに関して、、、そもそもブラジルは五輪自体にはそれほど力を注がない。それは五輪のあらゆる種目にエントリーするほど競技人口も多くないし、だから世界レベルの選手も少ない。ただ近年はバレーなんかも盛んだし、昔から日系人が多いので柔道も盛んだが、サッカーの人気とは比べものにならない。

逆に云えば サッカー・オンリー なのだ! だから国中で老若男女サッカーには夢中になるお国柄。ただブラジル人は五輪でのサッカーより W C (World Cup) に出場、そして優勝、ってのが全国民の最大の念願。だからWCでブラジルが試合する日は、ブラジル中の殆どの会社が休みになる。会社だけでなく官公庁も! 全国民が仕事なんかホッポリ出してテレビ観戦、応援をするお国柄なのだ。

ブラジルがオリンピックにはそれほど力を注がない、、、とは云ってもやっぱりことサッカーで五輪出場している以上、その勝敗に一喜一憂するのは当然。そして今回の対 「なでしこ」 戦を迎えた、、、結果 「なでしこ」が優勝候補のブラジルを2 x 0 で下したものだから、ブラジルの監督が、「我々は不運だった! 日本が今日のような守備的なプレーを続けるなら、優勝候補と呼ばれるにはふさわしくない!」 とかの意味の発言したとか?

この発言についてネットでは非難轟々だけど、これは、ブラジル国内向けのコメント とだったのでは?  何故ならば、一般のブラジル人が思ってる “日本の様なサッカーが弱い国” に負けるとは! と自国民から非難されて、場合によってはクビになるから!

それはともかく、日本人からみればこんな発言は 負け惜しみ であって如何にもブラジル人らしい。彼らはいつ、どんな場合でも 自分の非は認めない し、競技で負けたら 何らかの言い訳 に終始、場合によっては相手を貶す、、、それが彼らの常とう手段! まぁ~これはブラジル人に限らず、欧米人やほとんどの外国人に云える事だけど。

しかし、試合としてはたしかに日本は前後半とも完全にブラジルに押し込まれていた。ブラジルはボール支配率が64%、シュートは日本の10本に対し、21本ものシュートを放った。さらに前線の4人が絶えずポジションを変えたり、自分たちの守備ラインを崩してまで総攻撃を仕掛けたが、それでも日本の堅い守備に阻まれ1点も得点できず、逆に後半日本のカウンター攻撃で負けしまった。それなのに日本が守備的なプレーをした、と非難めいた事を云うのは筋違いで当たらない。 だからやっぱり 負け惜しみ!

私は昔ブラジルに13年間も住んでいたので、彼らの気質は良い所も悪い所もよ~く知ってるつもり。一口にブラジル人気質と云えば “大らかで楽天的”となるが、裏を返せばそれだけ“無責任” でもある。いつでも責任は他にあって自分ではない。だから決して自己を責めたりはしない。最近の日本人にもそんなヤカラが増えてきたけど!^_^)

そんなブラジルだけど、私は経験した他の国よりも正直言って一番愛着もある。サッカーに関しても私は素人だけど、ここ でも書いてるとおりボールに対する執着心や、前記したようなサッカーへの思い入れは並大抵ではない事も知っている。彼らにとってサッカーは単なるスポーツを超えて生活の一部なのだ。だから今回の負け惜しみ 発言も、私にすれば他愛ないもの!

男子サッカーも釜本のメキシコ五輪以来ベスト4進出を果たしたし、「なでしこ」 共々これからますます楽しみ! 他の競技はダイジェスト版で観る程度の関心しかない!^_^)

◎オリンピックも良いけど、今日は広島への原爆投下から67年! これを忘れてはいけない!

◎コメントを見たり、書いたりはこちらからどうぞ!

« スポーツ馬鹿!  | トップページ | 8月9日,午前11時2分 »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。