フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 春の大運動会 | トップページ | 早いものでもう6月 »

2012年5月29日 (火)

時代劇もろもろ

以前も書いた時代劇の話 、ここではテレビドラマでの時代劇だけど!

テレビでは新旧の時代劇をいろんなチャンネルでやってるが、やっぱり私が一番面白いと思うのは「鬼平犯科帳」だ。池波正太郎原作の小説で、今見ているドラマは主人公の“鬼平”こと長谷川平蔵役を歌舞伎役者の中村吉右衛門が演じているもの。脇役陣もなかなかの好演!

毎回のストーリーは単純だが、他の江戸時代を舞台にしたもろもろの時代劇の中ではダントツにその時代、多分江戸中期1700年代の江戸の街中の雰囲気が良く出ている。特にこの頃の武家と町民との関係なども興味を引く。また当時の盗賊達の様子や、いわゆる元盗っ人が平蔵の密偵となって、人間模様を織り交ぜながらの話とか、、、なかなか面白い。

それは毎回短編ながら製作者の素晴らしい演出だからこそ感じるドラマなのだろう。そして毎回エンディングに流れるギター音楽、ジプシー・キングスのインスピレーション がこれまた素晴らしい。それが流れる時の江戸下町の風景とのマッチングが最高!

余談だけど、、、江戸中期に創設されたらしい「火付盗賊改方」と云う特別な機動性を持った警察組織。現在もこれを習って警察の中で特に「自動車運転特別改方」 として、特に厳重に交通違反を取り締まる部門を創って欲しい!^_^)

もう一つ、最近某テレビ局で流している「座頭市」、お馴染みの勝新太郎プロのシリーズものだが、これも毎回短編の単純ストーリーながら、先ず画面雰囲気が大変素晴らしい。江戸時代のチャンバラと云えば、殆どが江戸の街中が舞台だけど、この座頭市シリーズは江戸以外の地方、それも田舎の街道筋、小さな宿場町などが主な舞台。

“座頭”とは? 盲目の按摩さん! つまり当時盲目の人が自立するためには鍼灸か按摩しかなかったらしい。(現在でもその職業の人が比較的多いようだけど?) 

その座頭の市さん、つまり「座頭市」、は無類の剣の使い手。仕込み杖を逆手に握って、格好良く悪人どもをやっつける。目が不自由な分、耳鼻は人一倍勘が鋭く、その辺りがドラマでもコミカルに表現されている。特に勝新ファンって訳ではないが、アウト・ローでニヒルなヒーロー役を勝新が好演!

それより何より私がこのドラマが好きなのは、前記したように江戸時代当時の日本の地方の様子、農民や町民の貧しい暮らしぶりが画面の中から充分伝わってくるところ。リアイティーがあってシリアスな映像は他ではあまりみられない! そして映画としては古いが、カラーがセピア色がかっていて、それが更に当時の地方の寂しく侘しい雰囲気を醸し出している。からっ風が吹く中を主人公がポツポツと去っていくラスト・シーンは和製マカロニ・ウェスタンの感も!?

テレビ時代劇と云えばNHKの大河ドラマ、、、現在は「平清盛」。過去のブログでも書いたが、もともと大河ドラマが面白い、と思ったことはない。その理由はいろいろ有るけどここでは長くなるので書かないが、そんな中でも「平清盛」 は比較的面白いと思う。ただ今年の「平清盛」は視聴率が過去最低とか?

その理由としては、、、(1)広島県知事(市長だったか)? が云った「画面がホコリっぽくて汚い!」、等のクレームに影響された? (2)歴史背景が一般的でなく人間関係が難しい、、、などなどらしい?

視聴率なんか興味はないが、(1)のクレームに関しては的外れではないの? 清盛ゆかりの厳島神社がある広島としては、もっと綺麗な瀬戸内海とか、明るく派手な画面を期待したのだろうが、江戸城大奥が舞台じゃ~あるまいし、ましてや平安時代の日本の首都、京都でさへ街中などがホッコリっぽかったのは充分想像できる。そう考えるとテレビ画面の映像雰囲気としては良く出来ていると思うけど!

(2)に関しては、、、ドラマの今は未だ源平の話ではない。だから一の谷や壇ノ浦の派手な源平合戦は清盛が死んでからの話なので、お馴染みの義経や弁慶が出て来るポピュラーな話の筈がない。ドラマの今は保元・平治の乱が背景なので分かりにくい宮中の話がメイン。

つまりあの時代は天皇はいても、その縁戚関係が複雑で、更に天皇がその位を譲ったあと、出家して(坊主になって)上皇となり、政治の実権を握ったりとか、、、そんな中、ドラマでの登場人物の相関関係が確かにややこしい! そして当時の源氏平氏の武家集団がそんな宮中の権力争いに利用されていた時代背景なので、ドラマとしては扱い難いだろうし、歴史的にも一般向けではないだろう。

この後、「平家にあらずんば人にあらず」、とまで云われた平家全盛時代を作り上げた清盛と、後白河帝との葛藤がドラマの中でどの様に描かれるか? ちょっとは楽しみ!^_^)

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 春の大運動会 | トップページ | 早いものでもう6月 »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。