フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

“懐かしの映画”シリーズ

無料ブログはココログ

« 三代目の利用? | トップページ | “音を楽しむ徒然語り”、その1 »

2012年4月28日 (土)

年寄りの車運転

このところ幼い子供が犠牲になる交通事故が連続して起こっている。

ここの掲示板でも、これに関連した書き込みが有るが、最近の交通事故の特徴としては若造達の無謀運転や、老人が引き起こす事故が昔より増えてるような?

若造達の無謀運転や無免許運転は論外! また飲酒運転での事故も論外! 問題は老人が起こす事故について考えてみた。そういう自分も既に老人なので!、、、今は運転してないけど。

昔1991年、49歳の時、にサンディエゴに居た頃の話だけど、、、

当時からアメリカは今の日本より遥かに車社会で、先ずダウンタウンを歩いてもほとんど人が歩いてるのを見かけなくて、車ばかりが走っていた。そして驚くことに、歩くのもおぼつかないヨボヨボのアメリカ人の爺さん、婆さん達が大きな車を運転しているのを見てさすがアメリカ! と思ったものだった。

あの頃、自分は日本発行の国際免許証も持ってたが、米国での免許証取得はどんなテストがあるのか? と思って参考までにカルフォルニア州の運転免許証取得のテストを受けてみた。

日本と同じく学科と実地試験だったが学科は一発でパス。そして同じ日に実地試験もあって、それは試験員が助手席に座っていきなり路上で30分ほど走らせる。もちろんそのコース途中には坂道のアップダウン、交差点、商店街、学校、路上駐車場などがある、ごく普通の街中のコースで、そこを試験員の指示通りに車を走らせたり、止まったりすれば良い。

実地試験結果はパスせず!? 自分では十分自信が有ったのに何故かな? と思って聞いてみたら、試験員曰く 『君の運転はあまりにも丁寧、慎重過ぎる!』、と云うではないかッ! これには驚いた。

つまり自分では昔、日本での初めての運転試験を思い出して、あの時のセオリーどうりに慎重に運転したのに? 翌日、早速二回目の実地試験を受けたら今度はパス! 自分ではかなりラフに、それまで自分が実際に街中を走る時の感覚で走った結果が良かったのだ。

この辺りが如何にも日本とアメリカの違い! つまり日本では学科試験も実地試験も必要以上に難しくしている (最近は知らないけど!)。しかしアメリカは逆に出来るだけ免許を与えよう、パスさせよう、との発想。だから運転する時に現実的な運転対応さへ出来れば良し、としている様に感じた。

日本の主婦みたいに毎日スーパーで、その日の食材を買うのと違って、アメリカ人は一週間分以上のまとめ買いが習慣。だから大ショッピング・モールで大量の買い物をし、ボーイに車までその荷を運ばせ、自分は杖をついてヨボヨボしながら車まで歩き、イザ運転して帰路につく。そんな社会なので上記したように運転免許試験も自ずから日本とは違うのだろう。

日本とアメリカ、果たしてどちらの運転免許試験の方法、発想が良いのか? この発想の違いと、高齢者の事故との因果関係も分からないけど、、、?

アメリカ社会での老人の車事故のデータは知らないが、少なくともあのサンディエゴ時代の1年間、自分の身近ではそんな事故の話は聞かなかった。当時アメリカ人の友達に 『ヨボヨボ爺さん婆さんがよく運転できるな~!』、とそんな話をしたら、『年寄りはスピードもあまり出さなくて慎重だから、若者より事故を起こさないよ!』、と聞いた記憶も有った。

20年前の米国サンディエゴと、今の日本を比較しても意味はない。しかし何故最近の日本では年寄り達の交通事故が増えて来たんだろうか? 自分の運転能力が衰えてることに気がつかない、或いは自分はまだまだ大丈夫、って思ってる年寄りが多い、って事なのか?

また、日本で一般庶民がマイカーを持つようになったのは、たしか私が20歳過ぎた頃から、つまり50年ぐらい前? と云う事はマイカー時代到来初期のドライバーの彼らは自分と同じ現在70~85歳の年寄り、、、そんな人達の事故が最近増えてきた、って事なんだろうか? だとすれば今後ますます、そんな高齢者の車事故が増えるのかも? しかし性別や年齢だけでは片づけられない個人差もあるしな~?

もし、自分が今また運転を始めたら 上記したように 『自分はまだまだ大丈夫、アクセルとブレーキを踏み間違える筈がない! そんなヘマをするほどボケてはいない!』、と人一倍自信過剰な年寄り 、、、だから、やっぱり帰国してから車の運転を止めたのは正解だったかも?

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 三代目の利用? | トップページ | “音を楽しむ徒然語り”、その1 »