フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« またまたフォークランドが! | トップページ | 大阪 春の陣 »

2012年4月 3日 (火)

徳川の威光!

現在のHP、Topページの写真だけど、、、

先日、知人から“しだれ桜を観に行こう”、と近くの「行福寺」 、その後 「大樹寺」 ってお寺に連れて行ってもらった時の写真。

「行福寺」の“しだれ桜”は推定樹齢250年のしだれ桜の木が2本!

Img_0007_5
植物に興味が有る訳ではないので、特に関心はないけど、、、やっぱり綺麗なものは良いね~! 桜でも女性でも!^_^)

Img_0001_4
このお寺は正式には「法然上人三河二十五霊場 第二十三番行福寺」、って云うとか?
Img_0005_3
その辺りの話もトンと疎くて、、、まぁ~どうでも良いけど、たしかに“しだれ桜”は見事だった。

次に廻ったのが以前来たことがある 「大樹寺」、ここは普通の桜の木だけど、まだ六分部咲きぐらいだった。今年は寒暖の差が激しいようで、桜の開花も遅れてるのか?

Img_0014_2

昨年はこんなに綺麗だったのに! やっぱり7日の差でこんなに違う!

Img_0050

「大樹寺」、、、例の桶狭間の戦いで、信長軍に追われた今川軍は敗走し、当時今川の人質だった17歳の家康少年 (当時は松平元康)はここ 「大樹寺」 に逃げ込み、先祖の墓前で自害しようとしたが、住職に 「早まったらいけんじゃにー!」、と諭されて思い留まった、、、とか? ここで件の住職が家康少年の自害を止めなかったら、その後の日本の歴史や如何に? ジャジャーン!

前回、ここに来た時は知らなかったが、今回の知人に案内されたのはこの 「大樹寺」 の正門から岡崎城が見えるとか? 
云われて覗いて見たら、、、たしかに遥か彼方に岡崎城の天守閣が見えるではないかッ! これはチョットした発見!(地元の人は当然知ってるだろうが?)

Img_0013_2
なんでも、この直線上には高い建物は建てないように決められているらしい!? 念の為にあとで地図で調べてみたら直線距離で約3Km、、、“やっぱり徳川の威光、いまだ衰えず!” ってとこか? 

それは? つまり、ここ「大樹寺」は前回も書いたけど正式には「成道山松安院大樹寺」。 徳川氏(松平氏)の菩提寺で、歴代当主の墓や歴代将軍(大樹公)の位牌が安置されているとか!?

(ここで一つ疑問がわいた? 徳川氏(松平氏)の菩提寺と云うけど、ならば以前訪ねた「松平郷」との関係は?)

それはともかく、だから今現在に至っても、岡崎市としては家康様が生まれた「岡崎城」 と 「大樹寺」 の間を“聖地”としたいのでは? 現在は畑しかない様だけど、、、「この直線上に余計なもの建てるべからず! 畑は止めてキャバクラ建てた方が儲かる! など不届き地主は市中引き廻しの上、打ち首獄門に処す! 平成○○年、岡崎市長」 とね!^_^)

また、思い出すのは、、、時折、テレビの時代劇で聞くセリフに、「元をただせば三河以来の、、、云々!」 って云う口上。つまり江戸時代の武士の間では“三河以来” と云う言い草は、徳川本家の地の出身だよ! って云う一種のエリート意識が延々と受け継がれていたのだろう!?

そのせいか否か? 今現在でも、刈谷市、安城市、西尾市、知立市などの車のNo.プレートが 「三河」 ってのも面白い。何で市の呼び名にしないんだろう?

◎写真集≪しだれ桜、他≫もご覧ください。

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« またまたフォークランドが! | トップページ | 大阪 春の陣 »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。