フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | 初めてかけた110番 »

2012年1月 9日 (月)

成人の日

今朝、マンションのエレベーター内で振袖姿の娘さんと、その家族らしいニ人と出会った。知らない人だけどいつものように「おはようございます!」 とこちらから声を掛けても相手は小さく会釈するだけで返事もない! まぁ~良くある事だけど、、、。

その振袖姿を見て今日は「成人の日」 だった事を思い出す。昔の「成人の日」は1月15日だったけど、いつ頃からか1月の第2月曜日に変わった。自分が成人してから既に半世紀も経ってるので毎年の「成人の日」は気にもしてなかったが、近年の成人の日で印象に残ってるのは、各地の記念式での20歳になったバカ若者達のバカ騒ぎ! そのくらいのもの。

そもそも「成人の日」とは、『大人になったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます日』、と祝日法では決まってるらしいが、それはともかく半世紀前の自分が成人に達した時の記憶と云えば、、、、、

それは、オヤジがスーツを新調してくれた事。それまでスーツはもちろん、ブレザーさへ持ってなかった。同期生の中には成人前からスーツを持ってたヤツも居たが、貧乏な我が家ではそれは不可能だった。しかし、息子が二十歳になって父と母が奮発して買ってくれたのだ。それもあの頃は今とは違って既製品がほとんどなかったので、オヤジが知り合いのテーラーに頼んで、わざわざオーダーメイドでこしらえたスーツだった。今でも憶えている茶系の二つボタン背広だったな~! 今だったらスーツをオーダーメイドするなんて贅沢な事だけど、、、今さらながら亡き両親に感謝!

だから、両親からスーツを新調してもらったとは云え、あの頃の自分が果たして大人になったことを自覚していたか、と問われればそれは疑問? ただ20歳という年齢になって、飲酒、喫煙、選挙権などが許されるとは云え喫煙はその前からやってたし、、、!(^_^)  やはり大人としての自覚よりも、大っぴらにタバコ吸ったり、酒が飲めると云う事ぐらいが嬉しかったような記憶が有る。その意味では今時のバカ若者達と大差ない。ただバカ騒ぎしなかっただけ!

ところで、、、近年の未成年者の犯罪傾向をみると、刑法上20歳を成人として扱うよりも、もっと低年齢で成人とみなして良いのでは?  と思ってしまう。そもそも奈良時代以降の貴族や武家社会では、男子が15歳頃に「元服」、女子は13歳頃に「髪上げ」という儀式を行い、どちらも十代半ば頃に成年式を済ませることによって、一人前と認められ結婚の資格もでき、いわゆる大人扱いをしていた、と云うではないか! それなのに何故、いつ頃から20歳を「成人」とするようになったのか? 明治時代かな? 20歳になればほぼ完成された大人だろう、との考えから?

いやいや、20歳が「完成された大人」という意味とすれば、60歳になっても70歳になっても、完成されてない大人は自分も含めてその辺りにザラに居るのでは?(^_^) ましてや冒頭書いたように、挨拶もまともに出来ないような人間が多い今の世の中、何が「絆」だッ! 何が「家族愛」だッ! と云いたくなる。

◎コメントを見たり、書いたりはこちらからどうぞ!

« 謹賀新年 | トップページ | 初めてかけた110番 »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。