フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 巨大地震!(1) | トップページ | 巨大地震!(3) »

2011年3月20日 (日)

巨大地震!(2)

福島第一原発の惨状!

問題の第一原発、1、3、4号機の建屋損壊は見るも無残! あんなのをテレビで見たり、放射線レベルがどうの、こうの、との話をひっきりなし聞いてたら、何も知らない庶民は原爆?核爆発?と考えるのでは?

3号機の使用済み燃料を貯蔵しているプールへの注水が緊急課題と云うことで17日夜、警視庁の機動隊が高圧放水車を使って水をぶっ掛けたが建物に十分近づくことができず放水したため目標に届かない、と云う何ともお粗末な話! だいたいあの放水車はデモ隊などを追っ払うためのただの“水鉄砲”!

ならばお次は、と自衛隊ヘリが7.5トンも入る大バケツで4回も海水をぶっ掛けたりしてたが、放射能汚染を恐れてヘリは3号機真上でホバリングも出来ずに飛来しながらの放水、さらにかなりの高度から水を落としたので、あんな方法では肝心な場所にピンポイントで水を落とせるはずはないだろう? 水はただ空中に飛散するだけだろう?、と素人考えしてたら、、、案の定か? 放射線量計測では水かけ前と後でも大差なし! 

結局19日夜、東京消防庁の「ハイパーレスキュー隊」による“屈折放水塔車”を使って何とか連続放水に成功したようだ。初めからこうすればよかったのに! ただ聞けば放水開始まで隊員の手作業による決死の作業があったとか? これには頭が下がる、大変お疲れ様でしたッ!

しかし、あれほどの放水をしたら建屋の中は水浸しになって、電気系統がダメージ受けるのでは、と思うな~? つまり放水とは別に外部からの別電源を引く作業も進行中で、これにより電源確保後、本来の冷却装置を作動させようとしてるが、もし大量放水により配電盤など濡れてしまったらこれまた失敗に終わるのでは? 

ところで福島第二原発はどうなってるの?

同第一原発の1~6号機の状態はひっきりなしに報道されてるので、概ね状況がわかるが、同じく半径10Km以内の避難地域が設定されてる第二原発は今どうなってるの? ぜんぜん報道もされないのでネットで東電のサイトを読んだら『1~4号機とも冷温停止中、水位は制御範囲内で安定、外部電源は受電有』、だって。

、と云うことは第一(全6機)、第二(全4機) プラントとも津波で冷却装置を損失したが、第二プラントだけは外部電源で冷却システムを稼動出来た。その結果水位が制御されてる?、って事になるのかな? よくワカラン?

それにしても、、、情報開示とは?

「ただちに健康に悪影響を与えるものではない!」、福島県産の原乳とほうれん草から規定値以上の放射性物質が検出されたとのTV報道で

“ただちに悪影響を与えないけど、それでは後で影響が出るのでは?”と勘ぐるのが一般庶民では?

つまりそんなに影響が無いレベルだったら最初から公表しなければ良いのに! と思うのは私だけだろうか? もちろん政府や関係機関内では調査しながら経過を注視する必要が有ると思うが、しかしそれでは結果が悪化して健康被害が出るレベルになって初めて公表したら、それでは遅すぎる! とこれまた問題になるのかな~? これは空気中の身体に影響する放射線レベルの話でも同じ事。

情報開示を叫ぶのは良いが、かと言って何でもかんでも公表したらかえって余計な混乱を招くような気もするけど?

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 巨大地震!(1) | トップページ | 巨大地震!(3) »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。