フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

“懐かしの映画”シリーズ

無料ブログはココログ

« 粗大ゴミ! | トップページ | 領土とは?[Ⅱ] »

2010年11月10日 (水)

領土とは?[Ⅰ]

尖閣の事は10年以上も前にHPの中でも書いたが、、、

先日来、尖閣諸島近海での中国漁船による海保巡視艇への衝突ビデオ動画がネットに流出したと大騒ぎしているが、これちょっとおかしいんじゃない? もともと政府が中国に妙に気を遣って、わざわざ当たり障りのない部分だけの映像に編集し直して、さらに政府内の一部の関係者にしか見せなかった、って事がそもそもおかしい! なぜ最初から海保が撮影した“全画像を全面的に全国民”に公開しなかったのか? そもそも民主党は自公政権時代に「国民の知る権利!」とか云って、それこそ国益上問題になりそうな外交機密さへも無理に公開させようとしてたくせに! いずれにしても自公政権と云い今の民主党政権と云い、なぜ中国や韓国に対してはここまで弱腰なのか? この件についてある野党議員の追求に対して図らずも現官房長官が『わが国はもともと中国の属国だから!』と云ったとか? まさか本気?Takeshima1

(1)そもそも竹島は明治政府が島根県に編入して、国際法的にも日本の領土として認められていたが、第二次大戦後、米国が沖縄や小笠原諸島と同様に竹島も日本の行政権から外した。しかしその後沖縄や小笠原同様に竹島の行政権も復帰した。行政権が外れた以降韓国がいわゆる1952年「李承晩ライン」と海洋主権の宣言を一方的に言い出し、それ以降現在に至るまで韓国が実効支配中! 

(2)尖閣諸島も明治政府が実地調査を行い、他国の支配が及んでない事を確認後自国領土とした。だから国際的に日本領となったのは日清戦争後。それ以降、現在まで沖縄県石垣市となっている。ただ竹島同様、今次大戦後一時期米国の施政下におかれたが、1972年の沖縄復帰と同時にわが国に返還された。

(3)北方四島は歴史的にみても、一度も外国の領土になったことがない我が国固有の領土であり、それが国際的にも今次大戦以前までは認められていた。しかし今次大戦の末期、ソ連の侵攻によって現在まで占拠され続けているもの。これは大戦終結期日の解釈違いが遠因のようで、わが国は終戦を8月15日としているが、ソ連現ロシアは9月2日として、表向きはこの侵攻を合法としている。

以上、三件の我が国の主張に対してテキは当然ながら別の歴史解釈と、こちらから見るとこじつけ的な無茶無茶な主張を展開。こうしておさらいしてみると、結局はわが国が今次大戦で敗戦したため。つまり戦争に負けたら全てがパー! 時の政府の弱腰もすべて原因は敗戦! 国際的にはサンフランシスコ講和条約を結んだのにとか、韓国とは日韓基本条約締結済みとか、わが国がいくら主張しても、テキはこちらの弱みにつけ込み、あわよくば金をむしり取ろう、いや既にこれまでODAその他で不当にむしり取られている。あまりにもお人よし過ぎる、情けなや我が国、我が日本人!

この続きは次回、、、領土とは?[Ⅱ]へ

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 粗大ゴミ! | トップページ | 領土とは?[Ⅱ] »