フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 領土とは?[Ⅰ] | トップページ | 領土とは?[Ⅲ] »

2010年11月12日 (金)

領土とは?[Ⅱ]

まぁ~今回の尖閣ビデオ流出騒ぎ、ここ数日のメディア報道を見ていると、政府の対応はこれこそ本末転倒! まるでヤクザにいわれのない難クセをつけられ、さらにドつかれ、“こんなふうにドつかれました!” と云おうとしたら 『ドつかれた現場は見て見ぬふりをして! それが出来なくてあまり言い触らすと許しませんよッ!』、『ヤクザとの付き合いも大切なんだからあまり騒がず事を穏便に済ましましょう!』 、、、と云ってる様なもの。

この尖閣騒ぎは[Ⅰ]で書いたような、何も日本の敗戦トラウマ? まで持ち出さなくても良い話だけど、しかし結局事の発端は中国漁船による領海侵犯? すなわち領土問題となるため書いたまで!

そこで、そもそも領土とは? むかし「今日の独り言」(2005年3月24日 記)でも書いたが、1982年頃に起こったフォークランド紛争に現地南米で間近に接した時に改めて領土の事を考えた。

つまり南米の地図を見てもらえば一目瞭然、Falklands[フォークランド](現地名:Malvinas[マルビーナス])諸島はアルゼンチン沖、南米大陸南端から500km沖、つまり誰が見てもアルゼンチン領土と思うだろう場所に位置する。ところがさにあらず、実はここはイギリスが長年実効支配中なのだ。Locationfalklandislands_2 

日本の領土問題と同じく、ここもアルゼンチンとイギリスの長年の歴史解釈などの違いがあったが、当時のアルゼンチンの国内事情とナショナリズムの高揚などで、イギリスに実効支配されていた同諸島を取り戻そうと実力行使に出た。

ところが時の“鉄の女”サッチャー英国は、これを許さず大軍団を編成してはるばる大西洋を南下して同地域まで進出。最新兵器のイギリス対旧式兵器のアルゼンチンでは勝負にならず、それでも3ヶ月間の激闘の末結局イギリスが勝利した。あの時アルゼンチンの若者が次々に倒れていく生々しい戦闘シーンの映像を現地のTVで観て驚愕した事を今でも忘れない。

領土とは?[Ⅲ]に続く、、、

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 領土とは?[Ⅰ] | トップページ | 領土とは?[Ⅲ] »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。