フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 夏の終わりと海三景 | トップページ | 喧騒のサンパウロ »

2010年9月 7日 (火)

ふるさとを想う!

暑い、暑いと云いながら9月になってもまだ暑い! エルニーニョ現象化か何か知らないけど確かに今年の全国的な暑さは異常なようだ! もともと自分の体調的には昔から寒い冬よりも夏の方が良いようなので、まだ我慢も出来るがしかしそれでも暑い!(汗) そんな今年の夏はお盆にも故郷に帰らずじまい。来年こそは帰らなければ、と考えていたら久しぶりに故郷の事をいろいろ思い出してきた。(これも歳のせいか?)

NHKの例の日曜大河ドラマ、今年は“龍馬伝”なので先月は何回か故郷長崎も舞台となった。いろんな市内の地名が大変懐かしく思い出された。亀山社中の面々が遊んだ遊郭「引田屋」は現在「花月」と云う高級料亭。これが建つ丸山、そしてトーマス・グラバーのGlover1_2 「グラバー邸」は国宝「大浦天主堂」Photo_3  の傍で当時の我家からも15分ぐらいの場所。

また話に出てきた長崎の豪商“小曽根乾堂”も子供のころの実家の近くにその銅像が建っていたな~! ドラマで龍馬たちを援助したと伝わる商人“大浦 慶”、その名前の由来?「大浦」も実家の直ぐ傍だった。こう見ると今さらながら長崎の歴史に深く関わった地域で子供時代をすごしたんだ!

8月、長崎のお盆はさだまさしの作詞作曲で全国的に一躍有名になったPhoto_4 “精霊流し”、まPhoto_6た暑い夏が過ぎて10月になると“おくんち祭り”。HPトップのスライド写真は最初が現在の長崎港、そして“おくんち祭り”の数々の出し物、そして最後が明治時代頃と思われる長崎港。

まつりと云えば、ブラジルのカーニバルは日本の祭り以上に派手でブラジル人は祭りが大好き! とよく云われるが、良く良く考えて見たらカーニバルは年に一回、しかし日本では全国津々浦々で、四季に併せて年中祭りが有るので日本人の方がはるかに祭り好きだろう!

注:最近は私用で多忙、このブログも今後しばらく更新出来そうにないので早々と10月の“おくんち祭り”を載せちゃいました。

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 夏の終わりと海三景 | トップページ | 喧騒のサンパウロ »