フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 我輩はハゲである!(9) | トップページ | 我輩はハゲである!(11) »

2010年7月24日 (土)

我輩はハゲである!(10)

Brasilflag      まだ続くブラジル時代の話 、、、40歳頃~

40_3 予備のカツラも含め、傷みが激しくなり
いよいよカツラ外しのチャンス待ち。


またもやヒャ-とした話、、、、

ある日、事務所でデスクワ-クしていたら、
日本からのある出張者が近づいてきて
我輩の席の後ろにあった書棚の書類を見ながら
我輩の斜め後ろに立って雑談を始めた。
我輩は椅子にかけたまま、彼は立ったまま、、、
つまり彼は我輩の頭を上から見下ろす位置なのだ。
我輩は半分仕事をしながら彼と話してたら、
暫くして彼が必要以上に異様にその顔を
我輩の頭に近づけてきて
「あらッ!君の頭って、、、それって、
、、、ひょっとしたらヘヤ-ピ-ス??」

、、、、ショック!!!!!!!
その時事務所内には数人のブラジル人スタッフが居たが、
幸い誰も日本語を解する者がいなかった。

結局、そのころ既に8年程経過していた我輩のカツラは
2個とも傷みが進行中で、特に髪の分け目部分の
網状の繊維が広がり、一部切れるなど破損しかけていた。
我が愛妻は例によって毎週丁寧に洗髪、整髪しながら
既にその傷み方を知ってたので、
我輩がその会社での出来事を話したら
「あぁ-やっぱりね~」と云ってた。

しかし、かと云ってブラジルには該当するようなカツラはないし、
買い換える為にわざわざ日本に帰国するのも、、、、
って感じでいよいよカツラ外しの時期が
到来しつつあるのを痛感した。

日本の3年間とブラジルでのそれまで、
もろもろエピソ-ドを書いたようにカツラの毛と地(自)毛が
離れ乱れるのをさかんに気にしていた毎日だったが、、、
つまり正面、両側面、並びに後面からの人の目を
気にしていた訳だが、この一件以来、
もう一箇所、頭の上からの人の視線も
合わせて気にしなくてはならなくなった。
まさに四面楚歌!!じゃ-なくて五面楚歌!!

要するに電車、バスなど乗り物の中の左右座席の問題
(前記、風の向き)のみならず、
今度は我輩が座ってて、目の前の人が立ってる場合、
上から見下ろす視線に我輩のカツラの傷みが
晒されてしまうのだッ!!
つまりバレてしまうんだよ-!!シュン!!
いったい我輩はどうすれば良いんだ-??

妻の必死のメンテの甲斐もなく、
分け目の傷みは日々刻一刻進行、、、、
まるでガン細胞が体を徐々に蝕むように、、、
すでに我輩の体の分身とも云えるカツラが
そのように日々弱っていくさまを見ながら成す術もなく
タダ嘆き悲しむ毎日であった。

« 我輩はハゲである!(9) | トップページ | 我輩はハゲである!(11) »