フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 岡崎城公園の花見 | トップページ | 藤まつり »

2010年4月19日 (月)

越前海岸の旅

先日、知人が越前海岸のドライブへ誘ってくれた。越前海岸とは? 改めて調べてみたら福井県の敦賀から越前岬を経て東尋坊へ至る日本海に面した海岸線の事で「越前加賀海岸国定公園」に指定されているとか。

越前岬の名は♪歌謡曲で、そして東尋坊の名は自殺の名所として知ってはいたが実際に行ったのは今回が初めて。

地図を見ると唄の文句の越前岬を西端に、ゆるい「く」の字形で日本海へ突き出ており、北端部に九頭竜川が流れ込んでいる。そこが東尋坊だ。そしてそこから更に北へ向かうと、昔一度だけ行った石川県の小松市へ至る。

車は名古屋を出て名神高速から滋賀県の米原ICを経由して北陸自動車道へ。そして敦賀ICから国道8号へ乗り換え、いよいよ越前海岸をひた走り! さらに途中から道は国道204号“越前・河野しおかぜライン”と変わって若狭湾沿岸を一路北上。

この途中、北前船の船主の館へ立ち寄ったりしながら更に北上、、、

Img_0002_4Img_0005_2 

海岸線の所々、集落にあるホテルや旅館は何だか廃れた感じ? そして何処の店にも「越前かに」の宣伝ばかり! 「かに」は止めて普通の魚料理での昼食を挟んで、、、やがてあの♪越前岬をいつの間にか通過、そして着いた所が“呼鳥門”と云う所。

Img_0026

Img_0028_2 

その後は“越前水仙の里”を経由してしばらく走ると、ここで初めて道は海岸線から少し内陸部を走って坂井市三国町と云う所。九頭竜川が海に流れ込む辺り、そこがあの有名な東尋坊だった!

Img_0036 Img_0043_2 Img_0044_4

Img_0047_3 東尋坊は想像してたより迫力がなかったけど、、、、

←自殺する人はここから飛び込むらしいけど、この光景は以前香港でもソックリの場所が有った事を思い出した。

62_3

←それがここ、香港の“破邊洲(Po Pin Chau) と云う所、どう?そっくりでしょう!? でも写真の雰囲気はこちらの方が明るいよね! ここは自殺の名所って聞いた事もないし!(笑)

 

東尋坊は平日だったが結構な数の観光客! この岸壁に至る道の手前に並ぶ数十軒の土産物の中に、ウソか真か?梅宮辰夫の漬物屋も有りました。

Img_0040_2

 

 

Img_0072_2

東尋坊からの帰路は往路を逆に辿って、、、最後に敦賀湾に夕日が沈むのを眺めながら一路名古屋へ!

写真集≪越前海岸の旅≫をご覧下さい!

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 岡崎城公園の花見 | トップページ | 藤まつり »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。