フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 永遠の棲家 | トップページ | 岡崎城公園の花見 »

2010年3月30日 (火)

光インターネットと光電話

今回、終の棲家に住居を移したのは良かったが、それに伴いインターネット接続も以前のADSLから今度は光に変わった。

もともと3年前に帰国した時からネットは光接続でやりたい、と思ってはいたが最初に住んだ古マンションに光回線が来てない事がわかり、て云うよりこの古マンションは3部屋 X 5階建=15所帯で、そもそもインターネットをやる人は居ないようなお年寄りばかり。(そう云うこちらも年寄りだけど!^_^)。しかしNTT基地局が比較的近いのでADSLでも速度的にあまり問題ならないだろう? ってな事でADSLで接続していた。固定電話はもともとNTT回線だったのでネットはフレッツADSL、ってやつだ。

しかし今回引越した新しいマンションは同じ町内でもあり、直ぐ近所だから自分で今までどおりADSLで接続するつもりだったが、固定電話の所番地変更通知のついでにNTTに聞いたら、今度の新しい引越し先のマンションはADSL回線の予備は既に無く、光ファイバー回線しかないとか? 『この際ぜひ格安で速度が早い光に変えて、ついでに電話も光にするとお得ですよ!』 と盛んに勧める! ADSL回線がない、って本当かいな? と疑いつつも、、、、、。

結果的には光に変える事にしたが、引越し当日にこちらが光接続やIP電話の事をあらかじめ調べてなかった事もあってNTTの工事人とスッタモンダ!、、、先ず居間(LDK)の電話モジュラージャックの傍に【1】VDSL (宅内端末装置)⇒【2】CTU (加入者網終端装置)⇒【3】VoIPアダプター(アナログ音声信号/ディジタル音声データ、IPパケットを相互変換する装置)、と三個も装置を置かなければならない。(ADSLの時はモデムとスプリッターだけで良かったのに!)Telpc_2_2

(※ 2011.11.12 Windows’7  を購入後、旧XPと併せ上図の様に変更。)

そして【2】からLANケブールで無線LANへ、同じく【2】から直接PCへ。更に固定電話も光の方が基本料金も安く、距離比例代金もない、って事で勧められるままに「ひかり電話」とする。そうすると電話の親機もこの装置の傍に置く必要があって【3】に繋ぐ事になる。結局工事人曰く、『既設の居間(LDK)電話モジュラージャックの傍に前記の三個の装置と電話親機、PCも置かねばならない!』、、、私『そんなバカなッ! 必ずしも電話器の傍にPCを置く必要はないだろうが、さらに居間(LDK)の電話親機の傍にこんな不細工な装置を3個も並べてカッコ悪りィ~!』、、、と。つまり私は電話親機とPCはそれぞれ別の部屋で使うつもりだったから! しかし『そうなると無線LANで飛ばすしかない!』、とNTT工事人は冷たく云う。

あぁでもない、こうでもない、と理屈(屁理屈)を垂れる私に業を煮やしたか? 工事人は遂に既設の居間(LDK)モジューラジャックの傍に上記3個の装置をセット、さらに自分で持ってきたノートPCとこちらの電話親機を上図のように装置に繋いで、『ハイ出来上がり、これでOKです!』 と云ってマニュアル関係を置いてサッサと帰ってしまった。つまりこちらの都合での装置の設置レイアウトや、こちらのPC設定は自分でやって下さい! って事らしい。(無理に頼むと料金を取られる。)

まぁ~考えてみたら前の古マンションの時も工事人はADSLのスプリッターを取り付けただけでスプリッター、モデム、PC、各間の配線は自分でやったけど! しかし今回前宣伝では引越しの時の“工事”は無料と云ってたのに“工事”の中に装置の設置レイアウトやPC設定は含まれてないらしい。つまり“工事”と云っても室内では装置を持って来て置くだけ! マンション入口の接続だけが“工事”なのだ。考えてみたら、そりゃ~そうかもね? しかしこれではPCオンチ、機械オンチの人には絶対無理! ネットに加え光電話設置ともなると機器間の接続とPC設定などは慣れてないとやれる筈もない。その点をNTTはどのように考えているのか知りたい!

結局、もともと引越す前に部屋のリフォーム屋に依頼して既設の居間(LDK)電話モジュラージャックから、PCを置く部屋まで予備のモジュラージャックを取り付けてもらってたのでNTT工事人が帰った後、このPCを置く部屋に電話親機と上記の3装置、そしてPCと各機器間の配線とPCのセットアップを終えて作業終了。そして通常良く使う電話子機を居間(LDK)に置く事にした。

Img_0002

(上図は Win'7  を設置する以前の写真。2011.11.12以降は机上の旧XPモニターの右側に モニター一体型のWin'7を置いている。)

カミさんはPCを通常居間(LDK)で使うが、その為に私のメインPCから無線LANでネットに繋いでいる。今回は以前の古マンションの時よりもアンテナ感度としては上がったのでこちらもOK!

それにしても何故NTTは光電話を強力に勧めるのか? 直接聞いてもマトモな返事が返って来ないので気になっていろいろ調べてみると、、、
凡そ100年近くもなる既設のメタリックケーブルによる電話回線の取替え補修工事のコスト圧迫、さらに今や「キャリア」としての電話回線はNTTの独占に有らず競合他社が増えてきてNTT回線の占有率が下がる事への懸念、そしてブロードバンド時代の高速通信需要に伴う技術革新でVoIPや光ファイバーの発達、しかし光ファイバーは初期費用が高いのでそれの回収のため、等々でNTTは十数年前から光電話を勧めてきたらしい。

初期の頃はIP電話だからという理由かもしれないが、障害に対する認識が甘かったり安定しないという事も有った様だが、現在はそんな問題も無さそう!? 引越して一ヶ月強、今までのところネットもスイスイ、と云ってもいわゆるマンションタイプなので下り平均60~70Mbps。動画を見るのにさして不便はない程度。以前のADSLと比較して体感的には少し早くなったかな? って感じ。それより肝心の電話が問題なくて一安心! しかし光と云ってもマンションタイプは厳密には光ファイバーが来てるのはマンション入り口まで、後は建物内から室内は全て通常ケーブルなのでロスもあるし、ノイズも拾うだろう? 後は電話の使用頻度と相手先もほぼ決まってるし、今後のネツトを含めた電話料金が以前と比べてどうなるか?

【参考までに】
*一般的に従来のアナログADSL回線を利用したIP電話を「IP電話」と呼び、「Bフレッツ」を利用したNTTの新しいIP電話サービスを「ひかり電話」と呼んでいるとか、、、。

*ひかり電話を従来のIP電話と比較した場合の特徴は050から始まる番号ではなく、固定電話と同じ電話番号が使用できる点。そのため今まで使っていた固定電話の電話番号をそのまま使用してひかり電話に移行することが可能とか、、、。

*IP電話では利用することができなかった、110番や119番、フリーダイヤルなどを利用することができ、現在では機能的にも固定電話とほぼ変わらないとか、、、。

しかし「ひかり電話」で気になる事は、、、?
*ブレーカー落ちなど当然停電時は使えない。再通電しても上記CTUなど装置の復旧に数分もかかる。
*上記装置のファームウエアをバージョンアップする必要もある。(これって素人には?)
*一部利用不可の電話番号もあるようだ。(実用上は問題ないか?)
*少なくなったとは云え設備や回線の障害が報告されているとか、、、。
*ビジネスタイプ以外のひかり電話ではIP電話の最大のメリットだった同一ネットワーク内での通話無料がなくなったとか、、、。

とにかくNTTは何かにつけて抜け目がない、つ~か誤魔化し上手! インフォ・センター電話口の女の子は小難しい言葉を並べて、何も分からない顧客をうまいこと騙しているような!? そうかと思えばこちらがチョット突込みを入れるとたちまち返事に窮して、決まり決まったマニュアルどおりの返答しかよこさない。あぁ~疲れた!

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 永遠の棲家 | トップページ | 岡崎城公園の花見 »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。