フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 懐かしの映画(4)『カサブランカ』 | トップページ | 懐かしの映画(6)『禁じられた遊び』 »

2009年7月21日 (火)

懐かしの映画(5)『捜索者』

梅雨明け後の朝、木々にはセミの鳴き声も盛ん、いよいよ夏の到来だ! もう長いこと海も見てないが思い出したのが香港の海、それをHPの表紙写真にしてついでにスライドショー的にランダムに変わるようにJava Scriptを使ったが、どうやらこの方式はブラウザのIEでしか動作せず、NNとか今流行のFirefox、Opera等では動作しない様だけど、、、?

蒸し暑い毎日、クーラーが効いた部屋でビール飲みながら今回観た映画は、またもや ジョン・フォード監督、ジョン・ウェイン主演のいわゆるJJコンビ西部劇。そのタイトルは 『捜索者』 1956年制作。主演は他にナタリー・ウッド/ ジェフリー・ハンター、他。Sousakusya6_2

この映画は前記の『駅馬車』など古典的な善人対悪人の活劇といった単純なものとは少し違う。数多く観てきた西部劇、中でもJJコンビの西部劇の中でもこの映画はジョン・ウェインが珍しく、それまでのやたら強くて正義の味方的ヒーロー役ではなく、善人だがインディアンを目の仇にしている人種差別の権化みたいな役柄。Sousakusya5                                     

そして何と言ってもこれほどの 寂寥感と美しい風景描写 の素晴らしい傑作は稀。内容的には比較的地味だけど私が今でも大好きな西部劇の一つだ。たしか20歳の頃観たような?

ストーリーの詳細は省くが、インディアンに誘拐された姪を救出するため、過酷な旅を何年も続ける中年の南北戦争復員軍人をジョン・ウェインが好熱演している。西部劇で雪が出てくるのも多分この映画が初めて? だったような気がする。Sousakusya1                                             

アメリカ西南部の美しく広大な モニュメント・バレー! 一度は是非行って見たい憧れの場所だ! あの抜けるような青空と砂塵、乾燥したホコリっぽさがたまらない!
(お隣の国のホコリっぽさは我慢できないけど^_^)

Sousakusya2 因みに前記『駅馬車』もモニュメント・バレーが出てくるがモノクロだったので、風景の美しさと云う点ではやっぱりこちらのカラー作品だ!

Sousakusya3_2                                                                         

Sousakusya4(因みにこれは現在のモニュメント・バレー!)

西部開拓史の中で原住民と白人とのいがみ合い期間は長かったが、この映画の設定、即ち南北戦争が終わって4年目の1868年頃になると、政府や開拓者側、対するインディアン側もある程度お互いに関する知識が深まって、徐々に商売など経済的な交流や人的交流も盛んになって混血が出てきたりなどしてた時期らしい?

そんな時代背景だが、まだまだ長年のお互いの敵対心は消えず、後年インディアンが白人に同化されるまでの長い過程で一番悲惨で大変な時代だった事を伺わせる。

この映画を インディアン差別映画だ、と云うむきもあるが私にはそうは思えなかった。むしろこの1956年制作の『捜索者』は、後年1990年発表の、インディアン側の視点で描かれた ケビン・コスナーの『ダンス・ウィズ・ウルブズ』 に繋がる映画だったような気がする。

白人優越主義のアメリカ社会に対して警鐘を鳴らし、同時にフロンティア・スピリットへの郷愁を表した傑作名画だ!

YouTubeで観れるかも?⇒http://www.youtube.com/watch?v=WI2AZb04HAc

参考までに以下を開くと、この映画に出て来るシーンと、現在の同じ場所の様子が比較できますよ!
http://interesting.world.coocan.jp/hphp/i/place/monumentvalley/
(作者の許可を得て紹介しています!)

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 懐かしの映画(4)『カサブランカ』 | トップページ | 懐かしの映画(6)『禁じられた遊び』 »