フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 日本昭和村 | トップページ | 父の日のTVドラマ »

2009年6月 4日 (木)

アナログソースと己の寿命?

数年前今よりちょっと若かった頃、手持ちの古いLPレコードやカセットテープを劣化から防ぎ、永久保存用にPCを使ってCD化しよう、といろいろトライした事が有った。PCにはその為の専用ソフトをインストールし、プリアンプ出力のゲイン調整、記録はMP3かWAVか? 等々試行錯誤しながら結構面倒だったがそれにも増して煩わしかったのは曲を流しながら、つまり聴きながらCDに焼き付ける作業だった。曲間はその都度一旦信号をoffにする編集作業も大変面倒なので、曲間を空けずにダイレクトに録音しても良いが、それにしてもその間つきっ切りなので時間と労力も甚大! 結局カセット一、二本で止めてしまった。ところが最近? いつの間にか世の中進んでいる! ネットで探したらレコードプレイヤーやカセットプレイヤーでUSB端子が付属した物があるではないかッ!Dal01

これかなり良さそう?

Dal02

安物のペラペラみたい?

Da03_2

デザインが面白い!

これらだと超簡単! 面倒な編集作業もその為の専用ソフトを使って、いとも簡単にアナログ音源をディジタル化できそうだ。しかし待てよ? 何だか今さら、って感じがしないでもない。結局永久保存目的のアナログソースのCD化はせずに、そのまま昔ながらの再生方法で使った方が良さそう! レコード溝が擦り切れたりカセットテープが劣化したりしたら、それも寿命と考えて潔く諦めよう。どうせそう頻繁に聴く訳でもないし! それより自分の寿命の方が短いのでは? そう考えたら何だかえらく虚しい感じ! 面倒くさがったりトライする気が無くなったのは歳のせいだろうな~?(汗)

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 日本昭和村 | トップページ | 父の日のTVドラマ »

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。