フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | “三ヶ根山”-その鎮魂の山登り- »

2008年1月17日 (木)

猿投山(さなげやま)

正月を挟んで一ヶ月ほど山歩きもサボっていたが、やっと先週13日、久しぶりに歩いてきた。今回は豊田市の北部にある『猿投山(さなげやま)』、標高628m余り! 最初“猿投”は“さるなげ”と読むのか? と思っていたら、“さなげ”だって! とにかく愛知の地名は難しい。かと思えば電車に乗る度に思うのはこの辺り、三河地区には“豊”と付く地名が多いこと! 先ずはトヨタの城下町「豊田」は良しとして、他に「豊明」、「豊川」、「豊橋」、などが隣接している。難しい呼び名は「国府」と書いて“こう”と読んだり、名鉄名古屋本線だけでもetc、etc! 面白いのは「前後の前後はなんと云う駅?」、つまり「前後(ぜんご)」って名の駅もある、ってこと。

02

冗談はさておき、、、今回の『猿投山』の話に戻って、、

←先ずは猿投神社本殿、大昔何とか?と云う天皇が伊勢へ行幸した時、ペットにしていた猿が悪さをしたので海に捨てたが、その猿は近くの山に隠れ住むようになった、とか? それで猿投山って名が付いた? とウソの様なウソの話!?(^_^) 天皇様が猿をペツトにするか? いくら悪戯が過ぎたサルと言えどもそれを海に投げ捨てるとは? 今なら動物愛護団体が黙ってはいないだろう!

またまた話が逸れた、、、

74

←これは「猿投山」頂上から見た「御嶽山」、寒風吹きすさぶ山頂だったが、快晴に恵まれて実際にはこの写真よりも素晴らしかった! 「猿投山」はポピュラ-な山らしく、コ-スも標識もしっかり整備されていて歩き易かった。また今回は拙HPを検索してメ-ルにて連絡されてきた未知の女性、それも偶然同じ市内の人! さらにそのお友達の女性も一緒に「猿投山」登山に参加されたので大変楽しかった!            

詳細は⇒HP「猿投山」写真レポ-トをご覧あれ!

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 謹賀新年 | トップページ | “三ヶ根山”-その鎮魂の山登り- »